冨樫先生復活の08号。ついでにこのみん先生も復活。
先週ジャンプ感想をサボッちゃったんで、書いてなかったんですが、
先週のテニプリ、このみん先生が作画中に怪我をしたのって、その前にリョーマが見せた
真田副部長のグランドスマッシュを狭い室内で真似してて、戸棚に勢い良く手をぶつけたからだと
思ってしまいました(爆) このみんならやりかねんw
ネウロ
松井先生初の連載作品ながらも、早くもジャンプ中堅どころのポジションをゲット。
扉絵は決して尾田先生や小畑先生のように華やかなものではないけれど、惹きつける何かがあります。
もう「ドーピングコンソメスープ」だけの漫画なんて言わせないっ(笑)

「やたっ! 切ってくれんの?」の溺死寸前の女の顔が蝶怖ぇーガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル
こういうキ●ガイの表情を描かせたら天下一品ですね。
何かあっさりと犯人が割れましたけど…アヤ・エイジアの時みたいに、
このカリスマ美容師はフェイクだったりするのかな。まあ、ネウロは推理を楽しむ漫画じゃないんですけど。
ワンピース
過去編は良いんですけど、年末スケジュールで合併号続きだと感動が薄れちゃいますよねぇ。

過去のロビンは人並みの子供以上に泣き虫。それが今のクールな性格になってしまったということは
相当辛い事件を乗り越えてきたんでしょうね。

巨人のサウロは海軍中将でしたか。今と同じく人の痛みを知る優しい人物ですが、
現代のワンピースに登場しないということは、このままロビンたちを庇って死んじゃうんでしょうか。
アイシル
先週のヒキで決まった、泥門の緒戦の相手は神龍寺ナーガ。
これは流石に意外でしたね。てっきり緒戦は初顔合わせチーム…というのがセオリーかと思ってたんですけど。
スラムダンクの山王破った後にボロ負けして連載終了、なんてことはないですよね?(苦笑)

阿含は猫かぶりモードと巨悪モードを上手く使い分けていて、また一段と悪の部分が際立ってますなぁ。
神龍寺の監督でさえ強いことを言えない阿含に「座りやがれ、この糞ドレッド」というヒル魔はやはり大物。
阿含の性格だと、この後半殺しモードに突入しそうですが、ヒル魔との因縁は如何に。
そういや、栗田さんも元神龍寺生でしたよね。かなり深い因縁ありそう。
ブリーチ
限定解除で5倍の力、とはいえ隊長格でも破面相手には楽勝ではなかった。
一応、剣八、白哉とも破っている一護は現在のバトルメンバーでは最強の位置にいるようですが、
今のところグリムジョーとは互角以上の戦いを展開。

でも、グリムジョーはまだ斬魄刀を開放すらしてないんですよねぇ…。
新たな敵も登場の予感で、そろそろ剣八っつあんに登場して頂きたいです。
彼は浦原喜助・黒崎一心・四楓院夜一に継ぐブリーチのジョーカーみたいなものですから。
ナルト
九尾の力ってのは一体どれだけ凄いんでしょうか。
同じ人柱力でもピーチ姫のようにあっさり攫われた我愛羅とは大違いです(笑)
逆にヤマト隊長の立ち位置が非常に怪しくなってきました。彼が大蛇丸とも関わりがあったなんて。
今週彼にまったくセリフが無かった事が却って不安に駆り立てられちゃいますね。
リボーン
骸ファミリーの過去、少年誌描写ギリギリですな…(´Д`lll) いや、最近児童虐待ニュース激しいし。
結構長期シリーズになったわりにはエンディングや骸の過去があっさりしすぎてますね。
もっとるろうに剣心の瀬田宗次郎みたいに何週かけてもいいから、
もっと彼の暗い心の部分を描写してもよかったのでは。
タカヤ
無邪気な子供ほど残酷ってね。幼少の花房兄妹が可愛すぎる…ッ!!(*´д`*)
今までの話では兄妹の繋がりみたいなものは全く無かったけど、
両者とも心の底では繋がっているという訳ですね。
ディグレのコムイ室長とリナリーたんにも負けない愛でありますよ。
ディグレ
こっちもワンピースと同じ。クライマックスの途中で合併号1週休載されちゃうと、
どうもモチベーションが下がってしまいます。摩擦で消えてしまったリナリーですが…。
彼女が居なくなればディグレの存在意義が5割方消滅してしまいます。
何とか生きていて欲しいものですが…。アレンとの仲もまだまだ中途半端ですから。
テニプリ
もう固有結界だらけです(笑) というか、これから跡部様の固有結界「氷の世界」が出るたびに
白黒反転しちゃうんですか? うわー、手が真っ黒になるよ(笑)
デスノート
実写映画化はネットで先に知ってたから置いといて、画集の方は欲しいですなぁ…。
フィギュア等付いていて18900円はまあ、小畑先生だから妥当な値段とは思いますが。
それにしても、世の中限定版だらけですが、漫画家個人でここまでやるってのは非常に珍しい事ですね。

魅上がどんどんボロを出していき、ライトの足枷になっています。
ニアにここまで気づかれたと言うことはライトはまだ知ってはいないだろうし。
みえるひと
この漫画はやっぱバトルシーンの迫力がかなりありますね。
まあ、それだけにキャラデザインが地味すぎるのがさびしいところですが…。

もしこれでコモンがケモノ耳尻尾が良く似合う萌えっ子のデザインだったら、
きっと今頃は来週のセンターカラーが決まっていたところでしょう(笑)
作画レベルは上々ですねー。個人的に期待してる漫画ですので頑張ってください。
ハンター
今年のコミケとかグアム旅行とかはどうでしたか?(笑)
それだけに巻末コメント「ご心配をお掛けしました。マイペースながらもまだまだ頑張ります」という
あまりにも当たり障りの無いコメントが残念でございましたw
というか、もうアンタ充分マイペースすぎだろw

シャウアプフに心配されるように、命を無駄に散らしてきた事を悔やみ始める王…。
ではなく、次のコマでは一気に禍々しい表情に。
やはり先が読めない漫画ッ! そこにシビれる、憧れるゥ!!(≧▽≦)丿
今年最後のジャンプ、新年04&05号。
ジャンプに色々付録が付いてますが、さすがにもうこれを切り取って遊ぶほどの歳じゃないですからねぇ…。
つーか、2○最にもなった女が毎週ジャンプを欠かさず買う事の方が問題か!?(泣)
ワンピース
スパンダイン、スパンダムと同じくムカつく悪役ですが、どうやらスパンダムよりは切れる男らしい。
スパンダムはホント、親のコネだけで長官になったんですねー。つーか、そんなの可能なのか?

どうでもいいけど、眼鏡を掛けている学者さんが
ハンター×ハンターのゲンスルー(爆弾魔)に見えてしょうがないw
ナルト
「大蛇丸さまがみてる」もしくは、「大蛇丸は見ていた!!(以下略)」な
タイトルが似合う今週のナルトですが、そういやカブトっていつ大蛇丸を裏切ったんでしたっけ?
それともこれは逆スパイ?
しかし、カブトって微妙に地味な存在ですよね…。
アイシールド21
スコアは不明ですが、西部は王城に完敗。そりゃ、鉄馬が居なければ勝ち目ないですよね。
自分を犠牲にしてまで(本人はそのつもりは無かったけど)モン太の不祥事を止めた鉄馬と、
その義に応えるべく闘志をもやすモン太に良いライバル関係が築かれました。

攻撃部門、投手はヒル魔ではなくキッドで安泰ですが、キッカー部門とか無いんでしょうか?
葉柱ルイとか鬼兵も選ばれているんで、彼らはテニプリみたいに使い捨てのキャラにならない事を祈ります。

アイシルはスタッフ多いですね。切法師の中島先生や、ムヒョの西先生の名前も。
かつての「和月一派」(武井先生、矢吹先生、尾田先生)のように、
この中からも将来のジャンプを背負っていく作家さんもたくさん出てくることでしょう。
ブリーチ
おー、日番谷くんが人気投票2位ですかー。一護も主人公の面目保って1位。
ギンが5位というのは結構意外ですね。
つーか、このメンツをみると、護廷十三隊の隊長副隊長ってビジュアル系ばっかですよねー。

インター○ャネルあたりが商売に乗り出して、全キャラのシングルCDとか売り出さなきゃいいけど。
某テニプリみたく。

人間界じゃ尸魂界に居るときの力の5分の1しか出せないと言う設定は
隊長と副隊長以上の死神限定でしたか。
ああ、そうなると一角が恋次や日番谷くんよりも強く見えたのに納得いきます。
ルキアに瞬殺されたディ・ロイもちょっとは浮かばれることでしょう(笑)
ムヒョ
今週はロージーサイドオンリーの展開。わたし的にはこっちのほうが気になるので、
こういう展開のほうが良いです。
絶体絶命の展開ですが、もしこれをロージーが切り抜けちゃったら、
彼は今後パワーアップする事は皆無、というくらいレベルアップしそうです。
一流の執行人ですら危ない悪霊をどう切り抜けていくのでしょうか。ムヒョの助けは無さそうですし。

つーか、魔法律協会ってミスしまくりですよねー。脱走とか不法進入とか許しまくり。
過去のあやまちを今後に活かせと小一時間(ry
銀魂
デスノート並みにセリフ多いよ!!(笑)
たかがスキヤキ、されどスキヤキ。そのスキヤキを題材に万屋三人衆の心理描写をこれでもかと
表現してくれた空知先生は凄いですね。
二転三転あった激動のスキヤキバトルの勝者はやはり大食漢の神楽ちゃん。
これほどの激闘を今後見られることはまさに皆無であろう…。何気に銀魂ベストバウト。
あ、ちなみにウチの昨晩のご飯はスキヤキでした。もち、牛肉でね!(*゚∇^v)⌒☆
でも、わたし的にはあっさり風味の豚肉のほうが好きだったり。
氷姫奇譚(読みきり)
「いちご100%」でお馴染みの河下先生の読みきり作品です。
自分に与えられた使命を忠実にこなすかのようなサービスシーン。
そう、これだよ、これ!! 今のジャンプに決定的に足りないものはこれだったんだよ!!

お話のほうはまあ、フツーというか、めっちゃフツー。
幽霊退治漫画になるかと思えばフツーのラブコメ。
まあ、元々絵と萌えキャラが生命線みたいな作家さんですから、
シナリオのほうはあんま期待してなかったのですが。
ボーボボ
ゾンビとヤキソバ食べている男がホモ臭くてステキ(*´д`*
あれ、喫茶店で言うと男同士で一本のジュースを飲みあっているという光景に…。
タカヤ
渚たん、おっぱいでかい(*´д`*
つーか、この娘ってこんなに巨乳でしたっけ? 元来からツンデレっ娘は貧乳よりだと
相場が決まっているわけですが…。となりにいるゆうかりんとの対照がものすごいですね。

「格闘家としてはもう…」
え!? アレ、そんなにグシャグシャに折ってたんだ!?
踏みつけて綺麗に折ってたと思ったんですが。
少なくとも天津飯がヤムチャにしたよりも随分優しい折り方だと思うのですが…。
一晃があまりにもあっさりやられちゃったので、あんまり同情が沸かないですね。
やはり、あと1・2週使ってでも試合を引き伸ばしておけばよかったのでは。
デスノート
リドナーとミサたんのくんずほぐれつ画像が萌える(*´д`*

この漫画、主な女性キャラがライトの餌食になってひ弱なところが目立ちますが、
こういうカッコイイ女性が出てくるのは見ていて気持ちよいですね。
テニプリ
ジローの鼻ちょうちんで激闘の幕開けとは…。やはりこのみん先生は伊達じゃない!!
無我の境地を意識的に出せているのは激しくおかしいのですが、やっぱり英語しゃべるんだ…。
日本国に居て、日常会話に日本語使ってるのに、無我で英語しゃべり出すのはやっぱおかしい。
リボーン
骸「クハハハハ! 脆いですね!! ウォーミングアップのつもりだったのですが」
ツナ「で なくちゃな…お前の力がこの程度なら拍子抜けだぜ!!」


フリーザ「くっくっくっ、どうだ? 今のはこれから見せる最終攻撃のための準備運動だぞ?
悟空「だろうな…そんな程度じゃガッカリするところだ…」

リボーンが完全なバトル漫画へ突入したかのようなこのセリフ!
骸編が終わったらどうするんでしょうね?

まあ、「まじかる☆タルるートくん」の江戸城本丸もツナみたいなダメダメ小学生から
山篭りして作品最強の男へ、武道会編が終わったらいつもどおりのエロ小学生に戻ってましたし(笑)
ネウロ
おおー、まともなクリスマス絵だー、珍しいーと思ったら…やはりネウロでした(笑)。
ネウロの奴隷というイメージがあるヒロインの弥子ですが、
吾代から見てみると実にヒロインらしいポジションに居ますね。
このふたり、なんとなくいい関係を想像したくなります。
今年の冬コミでは吾代×弥子同人誌が何冊が出るんでしょうか?(死)

早坂兄弟の男空間な語らいが非常に良いです。
現代の日本では煙草を吸うものは若干日陰者として扱われる社会ですが、
こういうシーンでの煙草は何物にも変えがたい小道具になりますなぁ…。
「ドーピングコンソメスープ」から色物漫画かと思ってましたが、
吾代の「心の広くなった自分」のあたりから高度な心理描写を見せてくれるようになりました。
個人的に一番成長を期待したい漫画です。
ディグレ
つーか、ヴァンパイアに噛まれるにしても、噛み付くにしても、
女であるわたしはやっぱ相手はダンディなおじさまかハンサム美少年のほうが良いと思った。

クロちゃん(男)に噛まれたラビ(男)の心中は、
ファーストキスを野郎に奪われたものに近いようなモンですね…。
ポルタ
「名付けてデッドリー・ダンスだ!!」
あんなにガッチガチに縛り付けてたら踊れないじゃんw
つーか、この盗賊達は情報源を自ら切ってバカ笑いしているわけですが、
後釜は一体どうすんでしょうか? 野球で言うと、ヤクルトの古田監督兼捕手を解雇して喜んでいる
フロント陣みたいなものですよ?

この漫画を年内に終わらせる事が出来なかったのはジャンプ編集部の失態ですね…。
表紙の絵馬にもちゃっかり登場してるし。
星野先生大復活な新年3号。
ようやくジャンプにディグレの星野先生が復活。
微エロ分が皆無な昨今のジャンプ、萌え分はリナリーたんの黒ニーソと美脚に託したぞ!!m9(゚∀゚)(死)
ボーボボ
第二部スタート。というか、第一部を観ていなくてもあんまり問題ないほどのハイテンションスタート(笑)
まあ、わたしもたまにこち亀と同じくボーボボ読み飛ばしてそのまま、ってことがあるんですが、
読みとばしてもそれなりに話に付いていけるのがこの漫画のスゴいところですかね。
ストーリー漫画なのに(笑)
ナルト
以前サクラが「サイとサスケは似ている」、ということを言ってましたが、
サスケとナルトも一番最初はこんな感じだったんじゃないでしょうか。
サスケのほうは感情がありましたけど。

というか、サイのヘソチラとおそらくサクラちゃんよりも細い腰がむっちゃセクシー(爆)(*´д`*
ワンピース
もうちょっと引っ張るかと思いましたが、ロビンちゃんのお母さん、オルビアさん早々に登場。
後の大将青キジ、クザンも過去編に登場。現代の青キジは潔よいキャラでしたが、
この過去編ではロビンたちの敵になるんでしょうか。
海軍の船に乗って、危機を知らせに来たオルビアを見る限りでは
理解者としてみてもいいかも知れませんが…

どうでもいいですけど、スパンダム→スパンダインって何かRPGの呪文みたいですよね(笑)
ムヒョ
冥王の「千変の舌」など、他の漫画では見られない奇抜な技と作画が映えるムヒョ。

強敵を倒して安堵もつかの間、ロージーたちに新たな怨霊が迫る!!
前回の五連破魔だけでもスゴいのに、ロージーはさらなる進化を見せてくれるのでしょうか。
ブリーチ
ウルルの活躍かと思えば、イールフォルトの前にあっけなく撃沈。
日番谷くんのほうはまだひょっとしたら奥の手があるかもしれませんが、
恋次のほうは一杯いっぱいですなぁ…。これは一心パパは浦原さんの援護しか勝ち目はないでしょう。

しかし、隊長格をまったく寄せ付けない強さを見せるイールフォルトとシャウロン。
それに比べて副官にすら及ばないルキアに瞬殺されたディ・ロイ。
きっと彼はイールフォルト達にパシリとしてパンとかタバコとか買ってこさせられたんでしょうなぁ…(つД`)
アイシル
勝利を喜ぶチームメイト達を目前に、悔し涙を流す雪光くんとそれを察する濁六先生が良いです。
アイシルはまだ雪光くんという隠し玉を持っているので、
彼が一番最初に活躍することになる試合がとても楽しみです。

夕陽ガッツ、巨深ポセイドン、そしてこの盤戸スパイダーズといい、
敗者にもちゃんと見せ場を作ってあげるのがアイシルのいい所。
また強くなって泥門と再戦してほしい、という読者の愛着感が沸く素晴らしい漫画です。

次号、東京編最終話みたいですが、ちょっとの間休載とかしちゃうんでしょうか?
World 4u
今やジャンプの準連載とも言えるほどに有名になったWorld4u。
少年ジャンプで連載されるのはこれが三度目かな?
相変わらず扉絵から良い色使いしていると思います。

こういうアウターゾーン的な漫画は下手に連載するよりも、こうして小出しにしていったほうが
新鮮味があるかもしれませんね。絵もストーリーも段々上手くなってきています。
まあ、第一話のおばあさん=幽霊、第二話の雪女=奥さんという描写が曖昧になっているので、
こういうところは想像力で補完できる読者でないと読みづらいかもしれません。
ディグレ
星野先生、復活おめでとうございます!! 掲載順位は最後尾に回ったり、上位に来たりと
今のところまだジャンプの柱になりきれて居ないディグレですが、
やっぱり作画レベルはジャンプで1・2を争う漫画ですから、コレがないと非常に損をした気分になります。

久しぶりの連載で、最後に見たのは確かリナリーが海の底に沈んでいくシーンでしたけど、
何かエシのキャラクターがすごく変わってるw

パズルピースの作画が非常に素晴らしいです。
でも、リナリーの中のパズルピースがアレンよりもコムイ室長のほうが大きいということは、
やっぱリナリーもブラコン気ありということですか?(笑)
ネウロ
相手がフツーの人間ということもありますが、ネウロが現在連載されているジャンプキャラで
一番最強の気がする。彼だったらきっと破面(アランカル)も好き放題にしそうだ。

次号、カレンダー扉絵付きセンターカラーだそうですが、
きっととんでもない作画が待っていることでしょう(笑)
テニプリ
跡部様ではなく、ジローがシングルス1に出てきそうな勢いでしたが、ここで滝くんを秘密兵器で出してきたら
どんなにこの漫画が盛り上がることだろうか…。

つーか、桃ちゃん先輩が頭ぶつけた時といい、跡部様が座っているシーンといい、
アウトドアテニスでコート付近にあんなデカイ柱があるなんてあまりにも不可解すぎる。
せめてフェンスの外に作ってやれよw

お互いにボーズ頭決戦になってしまいましたが、
もし跡部様が負けても樺地を代わりとして差し出しそうだ(笑)
ところで、リョーマと跡部さまが笑いあっているシーンって、
るろ剣の斉藤vs盲剣の宇水のワンシーンに似てますよね。黒猫もパクッてましたけど。
タカヤ
花房vs一晃、わずか一週間で決着が付いてしまいました…。
前回の敗者のさらなる躍進が格闘漫画の王道を行ってて良かったと思ったのですが、
この試合はもうちょっと引き伸ばしても良かったのではないでしょうか。

せめて一晃が花房の技の正体を見破るぐらいまで行ってれば、
タカヤとの勝負はまだボルテージが上がっていたと思います。
みえるひと
新シリーズ突入・新たな敵登場で寿命が延びたみえるひとですが、ブタみたいなキャラを出すより、
何か、こう、もっと見栄えがするキャラを出したほうがいいのではないかと思った。

ヒロインのひめのんの立ち位置が曖昧ってゆーか。
明神を戦闘面でもサポートできる力強いキャラが欲しいってゆーか。
まあ、まだ新シリーズははじまったばかりですし、気長に待つとしましょう。
ポルタ
どんどん掲載順位が下がってきている上に、おそらく過去編突入。
つーか、この作家さんが描く悪役キャラってどれもおんなじような顔の稀薄な存在ですよねぇ…。

なんというか、憎ったらしい顔をしていない、全然。
ストーリー漫画の主人公というのは悪役が居てこそ映えるもので。
ちなみにその悪役が全然描けてないので非常に分かりづらかったのですが、
「ロイとコウが殺られた!」ってのは嘘でよろしいんですね? 後のコマに出てたし。
つーか、遊☆戯☆王は一体どこまで続くのかジャンプ2号。
ハンター、ディグレ、べしゃり暮らしと将棋で言うと桂馬抜きみたいな今週のジャンプ。
とりあえずさっさとポルタあたりを終わらせて、叶先生(プリティフェイス)の復活を願いたい。
今のジャンプには決定的に微エロ分が欠落している!!m9(゚∀゚)
ムヒョ
連載1周年おめでとう! 連載初期は「ぬ〜○〜の二番煎じ」とか言って叩いていた漫画でしたが、
最近は作画・ストーリーともにかなり安定した漫画になってジャンプの中堅どころを任されています。
この漫画も化けましたねぇ…。

かつてのライバル・五領の助手、エビスもロージーたちの仲間(?)に加わり、昨日の敵は今日の友。
しかし、彼は魔法律を修めたあとは何をするつもりなんでしょうか?
流石に五領畑に戻るということはなさそうですが…。つーか、このパーティはみんな子供のようですな。

のほほん主人公・ロージーの潜在能力・五連破魔の術炸裂。ジャンプ漫画の主人公の形態として、
精神・技術は未熟ながらも潜在能力はトップクラス、というものがあります。
ナルトしかり、一護しかり、セナしかり、タカヤしかり。
しかし、このロージーの破竹の成長振りは漫画の題材もあって、
「ゴーストスイーパー美神」の横島くんに似てますねぇ(笑)
や、ロージーと横島くんは性格は180度違うわけですが。

毎週・ロージーとムヒョ側の展開が交互に行われてますが、ちょっとテンポ悪いかな。
ガーッとロージー側を一段落させてからムヒョ側も一気にこなしていく、
という展開のほうが読みやすいかも。
ワンピース
ロビンたん可愛いよ、可愛いよロビンたん (*´д`*
今はクール&ビューティな彼女ですが、やはり女の子には誰にでも可愛い時期がある…!

ルフィやエース、ロジャーと同じく「D」の名を持つ巨人族サウロ。
今までの巨人族とは一線を画した存在になりそうです

どうでもいいけど、この幼少のロビンちゃんはるろ剣の瀬田宗次郎の幼少時代と
なんとなく似ている感じがあります。奴隷扱いする里親やサウロ=志々雄みたいな。
つーかワンピースって過去編長いのがセオリーですけど、今回はどのくらい続くんだろう…。
ブリーチ
見せ場も無く既に敗れた乱菊さん、敵にハズレ扱いされる日番谷くん、
そして今のところ主要キャラに一勝も出来ていない恋次…。ウルルにおいしいところもって行かれるし。
恋次は一角の弟子みたいなものですから、一角よりも弱いんですかね。
ああ…また非戦闘員みたいなキャラが修羅場をくぐってきた戦士たちをあっさりと凌駕する…。
ここまできたらチャドとか織姫とかは今シリーズちっとも活躍できそうに無いのですが(苦笑)
ナルト
タイトルの無い抽象画を書き続けるサイ。この伏線が彼の運命に後にどう関係するか。
家まで一瞬で作ってしまうヤマト隊長。今のところ純粋な戦闘力は披露されてませんが、
前回の先代の木遁の術といい、涼しい顔してかなりの使い手です。
それだけに後に敵になっちゃうというフラグも捨てきれませんが…。
アイシル
盤戸スパイダーズ戦決着。劇的なわりには結構あっさりした感じが残ったのは、
きっと盤戸が西部ガンマンズや巨深ポセイドンズよりもチームが薄かったかな、という印象があります。
瀧くんの活躍をもうちょっと多くして試合を引き伸ばしても良かったのではないかな、と思います。

太陽スフィンクスも全国行き決定みたいですが、きっとテニプリの不動峰や山吹中みたく、
物語の主役にはなれないんでしょうなぁ…。
銀魂
今回、なんかスゲー背景書き込んでる感じがあります。
お話しも濃いものがあって非常に面白かったです。
山崎さんは第三者の視点から主人公たちを観る、というお話の展開に非常に使いやすいキャラですね。

今週の銀魂は珍しくパロディネタが多かったですね。
モチーフは幕末時代ですが、ネコミミとか萌えとか言ってるから
こっちの時代のジャンプ作画のほうはフツーなんでしょうか?
春画調のいちご100%とかスゲー見てみたい(爆)
ネウロ
望月社長の顔のテカリ具合が嫌すぎw
微妙にユキにも仲間フラグが立ってきた模様?
そこまでユキが妄信する早坂は一体何が原因であそこまで腹黒くなってしまったのか。
これで黒幕の早坂が捕まってしまったら、ユキはどこにも行くところが無く、自然と桂木事務所就職?
タカヤ
タカヤVSヴォイド、決着。敗者のさらなる躍進と、勝者の背負ったものが巧く描かれていて
立派に格闘漫画していると思いました。掲載順位も盛り返したことだし、
これでこの漫画も波に乗って行ってくれれば。
でも、相変わらず背景が白いですね…。良いアシさんが見つからないのでしょうか?
リボーン
現在、ジャンプで唯一覚醒していないヘタレ主人公、ツナ。
彼にもいよいよ転機が!? どんなにヘボヘボな人間だって、一端の男の子だと言うことですね。
テニプリ
「大石と二人で雲の上みたいなところに居てスッゲー楽しかった」
そんな幻覚を見てまでダブルスで世界を取りたくねーよ!!( ̄△ ̄;)
つーか、このみん先生はそんな幻覚を見たことあるのか?

「ダブルスの無限の可能性、見せてもらったよ」
このみん先生がテニス漫画を描く限り、テニス漫画に限界は無いと思います(笑)
フォールン(読みきり)
かつて少年ジャンプで「とびっきり!」というボクシング漫画を連載されていた
樹崎聖先生の久々のジャンプ読みきりです。
ケンカのシーンの背景が異様に白いのが気になりましたが、全体的に高レベルで漫画してます。

樹崎先生の作品は「とびっきり!」しか覚えてなくて、後は読みきりなどを転々、という感じでしたが
絵柄が随分変わってますね。
あと、高層ビルで練習するときのメイドさんは最近のブームにあやかったものなのだろうか…。
ポルタ
「キツく縛ってそこの地下室に…」
2コマ先でもうサクライを助けている展開が強引ではしょりすぎ。
二人の過去の記憶がこの作品の大きなポイントとなってますが、
こんな風にはしょりすぎてるから作品自体に興味が沸かないんですよねぇ…。
デスノート
うおー、掲載順位低いなぁ。これがポルタの後に掲載されている時点でおかしい。
前から思うんですけど、相沢さんって明らかにかっこよくなってますよね。
あのアフロ(?)天然パーマは地毛ではなくてファッションだったのか?
ヒゲとワイシャツとネクタイ。この中では彼が一番警察っぽいです。
みえるひと
うお!? 何かまだ続くみたいですよ!?Σ(´Д`)
ハセとの決着を付け、先代明神も心置きなく天国へ…。がクライマックスだったんでしょうけど、
まだ続くという展開からか、ハセ戦の余韻はあっけないものに。
今週が最終回なら、「行こうぜ! ガンブレイズウエスト!!ΣG(+□+)」的な
むっちゃ爽やかな「ご愛読ありがとうございました!」な終わり方なんでしょうけど、
これが岩代先生にとって吉と出るか、凶と出るか…。

まあ、ブリーチも一時期はこの掲載順位にべったり張り付いてましたし、
何よりこの作者さんはかなりのポテンシャルを持っていると思います。
執行猶予(笑)も伸びたことだし、これからおお化けするかもしれません。
ミスフル
帥仙君の見せ場、という見せ場は特に無く、たった一球のみ。
地獄の合宿の成果とか全然分かんないよ、コレ!!
もて王サーガ
何か掲載順位が恐ろしいことになってますが、これは荒木先生に体育館裏に呼び出されて
ボコられたから原稿の仕上げが遅れたんでしょうか?(爆)
何か今週はパロディのキレがイマイチ。
ジャガー
少年ジャンプでこんな漫画描いてもお咎め無しなのはうすた先生だけ!
全然訳分からないわけですが、それがうすたクオリティ!!m9(゚∀゚)