本日:
昨日:

TOPへ戻る
金田一少年の事件簿R その1
金田一少年の事件簿R 第二十五話 『ゲームの館殺人事件 File.3』(最終回)

『真犯人、ゲームマスターはこの中にいる!!』

これ、犯人大型免許持ってたんでしょうかね…。普通車とはワケがちがうんやで。


『戸籍謄本にはアンタの名前が載ってるぜ、菊川梢さん』
『あたし知らないわ!!』



『霜村親子を殺害した真犯人、ゲームマスターは麦林美佳、アンタだ!!』

『ワインのラベルをエチケットというんだそうだ』
どうでもいいけど、息子のほうは3つまでトラップ仕掛けてたんですが、このエチケットでしとめられなかったらまだ次があったんですかね。


3Dテレビとは一体なんだったのか。


『聞きたい? これまであたしがどんな地獄を生きてきたか…』
動機タイムはいりまーす。

若いころの麦ママ…ってこの美人誰だよ!

『この人は、私のおなかの子に名前をつけてくれたわ』
不倫なんだけど…親子揃って殺すほどの動機か!?

女一人で会社立ち上げるとかムチャしすぎなんだよなぁ…。

『会社は倒産…借金を負った私は、遺書を残して樹海に入ったわ…』

|←樹海|
. ̄.|| ̄     オワタ┗(^o^ )┓三
  ||           ┏┗   三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
お! 白骨ゥー!

整形手術したお金はどっからもってきたんですかね…。


自分の娘が美人になるのはいいけど、こういうお水商売系にやってくるのは頭が痛いところなんだよなぁ…。


なんでや! 被害者全然悪くないやん!!



『母さん!』
『母さんなんて呼ぶんじゃない…! あんたの母親はとっくに樹海で死んだよ…』

すいませんが、かわいそう度が
被害者親子>>>>加害者なので感動できないのです、残当。

『さっき母さんに報告してきたわ。遺産を全部、施設に寄付してきたってこと!』
麦ママ『なにやってだあああああああ』
そもそも遺産相続するにあたって、明らかな殺人があった場合でも加害者親族に相続されるものなん?

そして財産を捨てた代わりにリア充が誕生した。

さらにもう一組のリア充カップルが…。

『ホントはあの二人、ずっと前から好きだったかもしれないね…。私たち二人みたいに…』
『私たち』美雪ちゃんのほうも、金田一は自分のモノだと思っているもよう。


俺たちの戦いはまだまだこれからだ!!
いや、(犠牲者の数的に)もう戦わなくていいから(良心)


お疲れ様でした!!

美雪ちゃんは長い年月を経てもやっぱりかわいい!!(確信)
賢くて美人でおっぱいちゃんな幼馴染みを持って、主人公補正も持つ金田一もある意味俺TUEEEEEE系主人公と言えよう。

個人的には剣持警部の殺人事件が一番面白かったです。
メインキャラが深く関わりあう(美雪ちゃんは控えめ)構成、実用的な控えめなトリック、
被害者のゲスさと犯人の悲しみとドラマ的にみても良質。

昨今の規制の厳しさで、グロ描写はなくなってしまいましたが(堂本版金田一はかなりキツかった)まあ仕方ないかな。
コナン君はまだまだ続いているのに、こっちは終わってしまうなんて残念だなぁ…。半年後くらいに続編作られないかしら。
金田一少年の事件簿R 第二十四話 『ゲームの館殺人事件 File.2』

『しまった!』
というか鍵ハネすぎじゃね? スーパーボールと同じ材質でできてるのか。

『はじめちゃーーーーーん!!』
負けたッ! 金田一R完ッ!!

『僕は助けてくれと言ったつもりは一度も…』
  _, ,_  パーン
 ( ‘д‘)
  ⊂彡☆))Д´)

『いやー、まいったまいった』
主人公は一酸化中毒なんかじゃ死にません。

次のゲームはカップラーメンを食えとのこと。

『もしかしたらこの金魚を毒味に使えってことじゃないのか?』
金魚さん逃げてええええええええええええ


金魚は犠牲になったのだ…。

『最後のゲームはエチケットに気をつけてくださいよ』

『そうか…エチケットに気をつけろってそういうことか…!』
さっきヤフーで『エチケット』で検索したら『エチケット 金田一』がたくさん検索候補に挙がってた。


『周りにびっしりと毒針が…!』

『何か変なにおいがしない…?』

『ゴメンな美雪…護ってやれなくて…』
はじめちゃんも美雪ちゃんも、今わの際にはお互いの事を想ってやれるくらい通じ合ってるのに、こいつら付き合ってないんだぜ…。
はよ教会立てろ。

『金田一! 金田一! 起きろ!!』
おお きんだいちよ しんでしまうとは なさけない。

美雪ちゃんも無事でした。
『俺たちはまんまとハメられたんだ…ゲームマスターに…!
お前の正体は必ずこの俺があばく! ジッチャンの名にかけて!!』



一緒に病院に運ばれてきたメンバーが事情徴収開始。


『今回下村親子が亡くなった事で、莫大な遺産を相続できる可能性を持った人物が
今回のゲームのメンバーにいるようです』

もうこの時点で犯人確定じゃん…。


『謎は全て解けた!!』
次回最終回!!
金田一少年の事件簿R 第二十三話 『ゲームの館殺人事件 File.1』


特効の卓www ぶっこみって読むんですねわかります。

おっちゃんの粋なはからいで美雪ちゃんと遊園地に行くことになりました。

美雪ちゃんめっちゃ可愛いなこれ。


人間の死体見まくってるのにゾンビが苦手な人www

『やだ、あたしおさいふ無くしちゃった!』
『500円しかない…美雪、お前バスに乗れ。おれは歩いて帰るよ』

こういうとこが紳士な金田一。

_人人人人人_
> 突然の雨 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄


怪しいバスに乗った金田一たちは睡眠ガスで眠らされ、廃墟の病院へ連れて行かれた…。


テンキーに【8823(ハヤブサ)】と入れて脱出したくなるファミコン世代です。

『私はゲームマスター! 皆さんに命を賭けたゲームをしてもらいます!』

『私を先に出してくれたら、ここを出たあと1億円あげる…!』


と言っていたオバさんは何故か最後に一緒に残った金田一を先に脱出させてくれた。
『これでいい…!』

逝ったあああああああああああああ

(何故だ…何故最後に脱出をおれに譲ったんだ…!?)


今回の容疑者はこの5人。
最初に爆死したオバサンも怪しいけど、容疑者リストには入ってなかったんだよねぇ。


次のゲームは炎が迫る中での知恵の輪!!

他の連中を見過ごせないのが金田一らしい。

『美雪! 先に行け!!』
『はじめちゃんも早く来て!!』


『しまった!!』

【悲報】金田一、ドジっ子スキルのオンパレードで取り残される

まあ次回予告でピンピンしてたからへーきへーき。
金田一少年の事件簿R 第二十二話 『剣持警部の殺人 File.4』

オッサン何やってだああああああ からの…

『死刑執行人は、毒島、あんただ!!』
まさかの冒頭で犯人明かし。



毒島の演技力すごすぎワロタァ!
粗暴な脳筋と見せかけたのも策のうちか。


『すまなかった…毒島くん! 君に隠していたことがあるんだ…!』
『君からもらった手紙を私は処分してしまったんだ!!』


主犯格と思われた毒島は実は巻き込まれたほうで、本当の主犯格は多間木だったのだ。
『俺は十神まりなが好きだったんだ…!』

『毒島くんって不良っぽいイメージだけど、昔から成績よかったもんね』


そしてこの正真正銘のゲス顔である。


『俺たち親友だろ…ブーちゃん…』
死体遺棄は言い逃れ出来ない。

ここでオッサン激昂して毒島殴るけど、この後でオッサンのせいだとわかる部分も出てくるんだよなぁ…。

『被害者が握り締めていたんだ。お前が犯人だと告発するために!』
『俺が…やりました…』

なお



『おやりなさい』
『罪深き者に裁きを与えるのはあなた自身。あなたが死刑執行人になるのです!』

新たなる罪を負ってしまった毒島には気の毒だけど、これは高遠さんGJなんだよなぁ…。
犯罪者を裁けない司法の限界ってあるよね。


『私が知っている毒島くんは、まじめで、まっすぐな人だから…!』
警察 クッソ無能
とりあえずこれを検事に突きつけて減刑してやれよ…。死んだ十神まりなさんもそう願ってるで…。



『いくか、金田一! 犯人(ホシ)を挙げるのがオレの仕事だからな!(キリッ)』
かっこよく決めたつもりだろうけど、あのストラップ碌に調べなかったオッサンにも非はあるんやで…。
金田一少年の事件簿R 第二十一話 『剣持警部の殺人 File.3』


ジャイアンハイエースされる。

『ずっと音がしてるんだ…これは金属音だ…』

一回聞いただけで金属バットの音だと分かったわたしは、やっぱりやきう好きだと思った。


AEDってすごいね。

『金田一…か…? ここはどこだ…?』

オッサンタイーホ!!

『連絡の取れなかった二日間、あなたは何をしていたんですか?』
『覚えていません…』

外傷がないから、薬嗅がされただけで二日も寝ちゃうものなん?

『俺は必ずオッサンが犯人じゃない証拠を見つけるよ!!』
このあと剣持のオッサンが検索してそうな単語:男同士 掘られたい


あら、この制服かわいい。




『長いことキミとともにさまざまな事件を乗り越えてきた剣持警部です。
例えどうしようもない怒りに駆られようとも、決して殺人などしないでしょう』
『殺しでは解決しないということを、キミとともに今まで見てきたんですからね』

明智さんのセリフがアツイ。最初の頃はオッサンを役立たずロートル扱いしてたのになぁ…。


『はじめちゃん! これ行列のできるお店で買ってきたの!』

『でかした美雪!!』
「はじめちゃん! そこに犯人があったよ!」「おおっ、でかした!」(彼岸島っぽく)


『謎は全て解けた!!』

\クワッ/

オッサンはおとなしく寝てろや…。
金田一少年の事件簿R 第二十話 『剣持警部の殺人 File.2』


罪を憎んで人を憎まずっていうけど、限界っていうものもあるよね。



『あれは…オッサンの帽子!!』
後のリモコンの指紋といい、オッサンに罪被せようとする真犯人いろいろ雑すぎやろ。


オッサン指名手配待ったなし!!


『殺人刑事の仲間の居る場所なんて、もう耐えられねえんだよ!』
犯人から遠ざかろうと一人になる→サクー


グロ耐性かなり鍛えてるわたしでもコンクリ事件のアレはいろいろアカンかった…。

『多間木、ちょっとツラ貸せよ』
さいしょにツラ貸せよと言ったヤンキーさんは歴史上に残る人物になってもいいと思う。

『二十歳前に事件起こしといてホントによかったぜ!! ハハハ!!』
無敵の未成年様クズすぎワロエナイ…。


弁護士さん病院にいかなくて大丈夫なんか…。


『金田一くん、君は剣持警部を信じる一人の友人として、推理を進めていって欲しい』
明智さんは警視庁のおエラいさんだから、あくまでも公平な立場で捜査の指揮を執らないといけないのはツライところやね。
金田一少年の事件簿R 第十九話 『剣持警部の殺人 File.1』


ちょwww 剣持のオッサン容疑者リストにおるやんけ!

朝イチスケベの時間だあああ

道路の狭い住宅街をかっ飛ばす車とかやめてくださいよ! ○すぞ! むかつくんじゃ!!

これ、海外留学でも留年でも、自分と歳はなれた同級生とか嫌なんちゃう?
わたしの高校2年の時も留年生一人いたけど、最初のクラス決めの時だけ来てすぐに自主退学したわ。
誰も話しかけなかったし。

金田一が屋上に呼ばれてみると剣持のオッサン。

転校してきた多間木は三年前の凄惨な事件の加害者らしい…。
『今日オレがここに来たことは誰にも話さんでくれ』
オッサン事件に巻き込まれるフラグたてんなや…。


これはオッサンの善意だろうけど、
被害者の遺族のメンタルケアみたいなものもしないといけないのは大変だなぁ…。

弁護士さんがやってきた。

『このとおり、本人もお線香をあげるくらい反省しておりまして…』
『帰ってください!!』



姉を殺した三人はもう刑期を終えてシャバに出てきたのだ。
『あんなやつら、死ねばいいのよ!!』


これはコンクリ事件のオマージュやろなぁ…。
コンクリのオマージュ作品は結構あるけど、人間のどす黒い本性は到底創作で思いつくレベルではないというのか。


そしてオッサンは主犯格の毒島のところへ。

『一言だけ、あんたら警察に言ってやりたいことがありまして…』
『こうして出所してしまえばこっちのモンだぜ、バーカ!!』


まるで反省していない…。

そしてその夜、毒島は誰かから銃撃を受ける。


銃弾の線条痕は剣持のオッサンが所持する銃だった…。

『何だって!? 剣持のオッサンが?』
いの一番に金田一に知らせる明智さんはいい人。


たった刑期三年とかワールドカップより期間短いやんか…。



天罰下ったあああああああああああああ


『毒島に会ったってどういうことだよ!!』
『正体を現したな、留学帰り』


そして二人の下に刑事と被害者の妹がやってきた。

『カンベンしてよ! 僕もう関係ないでしょ!』
『関係…ないだと…!』

こいつもまるで反省していない…。


突然電話が入り、向かった先には魚崎の無残な水死体が!

『えりなさん! 見てはいけない!』
『魚崎…死んだの?』


こえええええええええええええ
金田一少年の事件簿R 第十八話 『飛込プールの悪霊』


前回に引き続き水着回だああああああああ


容疑者はみんな女性だと…。


夕方ごはん時に深夜アニメのようなおっぱいポロリが拝めるのは金田一だけ!!


『ひょっとしたら、飛び込みプールの悪霊の呪い…なのかな…』
こういう推理モノに出てくる悪霊はほぼ100%人為的現象だからヘーキヘーキ。


うわー、めっちゃ痛そう…。
意地悪な女の子は意識不明の重体になってしまった。


『私が大声を出したせいで…』


(なんだ…あれは…? さっきまであんなんじゃなかったのに…)
アザのほうかと思ったけど、実は違うんだなこれが。

『お前が少しも悪くは無いことはこのオレが証明してみせるよ! 
ジッチャンの名にかけて!』


『はじめちゃんって、時々頼もしいよね…!』
大胆な告白は女の子の特権!!


『飛び込みプールの悪霊の正体はアンタだよ!!』


まあ、普通の水でもマグネシウムとカルシウムのが含まれる量によって硬水や軟水とか文字通りあるよね。


『あの子…お金を使って高校の推薦を奪い取ったのよ…!』

『シンクロナイズドダイビングであの子と一緒にメダルを取る! 
それがあたしの夢なんだ!』


戦犯:あまりにも過剰なツンデレ
暴力ヒロイン系のツンデレも過剰になると傷害でお縄になっちゃうやで?


(すごい名探偵だってこと、あたしだけは知ってるんだからね、はじめちゃん!)
玲香ちゃん『』
金田一少年の事件簿R 第十七話 『キャンプ場の“怪”事件』

何やら神妙な面持ちの金田一。

よく見たらはじめちゃんと美雪ちゃんが容疑者リストに。

ふくろうカフェとか流行るのか…?

こっちみんな。


ジュース一人1本くらい持ってやれよ…。イジメか。


やっぱり中学生は最高になる時間だああああああああああ

これで中学生…だと…。

丸見えのシャワー室www せめて板ドアくらい配置しろよwww

水着回にお風呂(シャワー)回、深夜アニメと同じ内容を夕ごはん時に放送できる金田一ってやっぱ神だわ。

『時計がない! それにパンツも!』

『まさか今、お前…ノーパン!?』
『おバカ! 着替えくらい持ってきてるわよ!!』

ノーパン女子に興奮する中学生って…。


アツイ容疑の擦り付け合い。
どうでもいいけどはじめちゃんのエビフライ禁止Tシャツのセンスは何だ。


『パンツと時計の謎は、俺が解き明かしてみせる! ジッチャンの名にかけて!』
ジッチャン「かけなくてけっこうです」


カラスが持ち去ってました。しかしパンツは見つからず…。


一回、はじめちゃんが加害者側になってさまざまなトリック設けて明智警視とか欺くお話がみたい。

『灯台もと暗しってなーーー!!』
『やはりオノレだったか…!』


年頃の中学生が女子のパンツみたいって願望はごく普通だろうけど、
盗んでかぶるとかどう考えても30歳以上のオッサンの所業だろ…。


女の勘>>>>名探偵の推理

もう最初の犠牲者出た時点で美雪ちゃんに任せろよ…。被害を最小限に防げる。
金田一少年の事件簿R 第十六話 『高度一万メートルの殺人 file.2』


イチャイチャすんなwww


『操縦は大丈夫ですか?』
『犯人を明らかにするというのなら、私も同席させて頂きたいです』

操縦しろや。



このアマ、即座に犯人のターゲットにされそうなウザい性格してるなぁ…。


そもそも何故飛行機上でSATSUGAIしようとしたのか…。機長が反動で変な操作したら墜落するやろ。



犯人はお前ら二人だってばよ!!


わーたーしーは やってないー ぬれぎぬだー♪
副機長ゲスすぎィ!


女に押さえつけられる大の男www


『どうってことないわよ。だってあたし、ずっとSP役をやってきたのよ? 
ナメないでくれる? あたし女優よ?』

女優さんKAKKEEEEEEE
つうか取り押さえるのは剣持のオッサンの役目だろ! 棒立ちwww


副機長気絶ンゴww お客様の中に操縦士はいらっしゃいませんか!?


『大丈夫ですよ。私に任せてください』
操縦士イター!!


イチャイチャすんなwww


やったぜ。
明智さん、そのうちガンダムとかも操縦できるようになりそうやな…。


『はじめちゃん字汚なすぎィ!』
汚い以前に誤字+操縦士くらい漢字でかけや。


『当然のことをしたまでです(キリッ)』
榛名ちゃんかな?
そして次回水着回クルー!
金田一少年の事件簿R 第十五話 『高度一万メートルの殺人 file.1』

OPが変更になりました。

はじけてまざれ!
何この光の玉w

今回登場人物少ないね。

金田一たちは飛行機に乗ることに。

CAさんかわいい。金田一内でももうスチュワーデスとは言わない時代なんやね。

機長が剣持のオッサンにサングラスかけたようにしか見えない。


ザ・グレイトフルデッド!!

『放して! あたし降りるのよ!!』
なんやこの基地外女…。


逝きましたー。誰も操縦してないけど大丈夫なん?


なんか副操縦士さんも乗客にゴメンナサイしてるけど一体誰が操縦してるんや…。


こいつら人が死んだっていうのに推理を楽しんでやがる…。



『謎は…すべて解けた!』
はやっ!