とある科学の超電磁砲S #12 「樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)」


幼少の頃の御坂美琴。
現在の一人で背負い込もうとする性格とは相反して、母親にべったりの甘えん坊。


美琴を寝かしつける御坂ママ。
美琴は母親そっくりだが、体のある部分は遺伝していないもよう…。ま、まあ美琴さんはまだ中学生の成長期やから(震え声)


困った時は母親にお願いして、一晩寝ると全てが解決していた。
美琴にとって、母親はヒーローだった。しかし、この学園都市には母親は居ない…。
朝起きたら、全てが解決していた、何てことはもう無い。
頼れるのは自分の力だけなのだ。


美琴は学園都市の象徴・ツリーダイアグラムのプログラム改ざんを画策する。
しかし、それは学園都市そのものに弓を引く行為。
いつも一緒に居た仲間たちとはもういられなくなるかもしれない…。


しかし、これ以上御坂妹達が殺されるのを指をくわえてみているわけにはいかない。
改めて自分の決意を深める。

『オッス。お前も補習帰りか? ビリビリ中学生?』
上条さんキター!!
このあふれ出る主人公オーラ…。
どうでもいいけど、リアルでこんなカバンの持ち方して歩いている人ってまったく見かけないんですけど。


美琴と別れた上条さんは、今度は御坂妹と遭遇する。
捨て猫にエサを上げたがっているが、自身が帯電体質なので迂闊に触れないようだ。
上条さんがエサを上げようとすると…。
『どうして拾ってあげないのですか? とミサカは再度問いかけます』
エサやりどころか飼い主になって下さいとまで言い出した。


一方の美琴はツリーダイヤグラムのプログラムを改ざんするため、情報センターにやってきた。
この掃除のおじさんがとばっちりに巻き込まれるかと思ったが、別にそんな事はなかったぜ!
ジョジョ5部のポルポに殺されたお掃除おじさんは不憫やった…。


(お、グラビティデイズか?)
もしくはアサシンクリード。

『そうだ、お前、このネコの名前決めろよ』
『ネコなのに、イヌ。ふふ…(ニヤァ…)』

そしてこの自分でツボにハマった顔である。


二人は猫の飼育本を買いに古本屋に向かう。ペット持込禁止なので、御坂妹に預けて外で待機していると…。


『おまたせしました。次の実験相手は、このミサカ10031号であると、ミサカは告げます』
別の御坂妹が一方通行との実験に望もうとしていた。


その風景を見た、上条さんと一緒に居た御坂妹。その現場を見届けようと、猫を置いてそちらに向かう。


ツリーダイアグラムの通信施設に潜り込んだ美琴。
しかし、そこは既にもぬけの殻だった。

端末にアクセスしてみると、そのツリーダイアグラムを搭載した人工衛星は破壊され、活動を停止していた。
つまり…プログラムを改ざんし、絶対能力進化計画(レベル6シフトけいかく)を止める事は出来ないのだ。
どうする美琴?
とある科学の超電磁砲S #11 「自動販売機」


少し前にひょんなことから出会ったおせっかい男・上条当麻。



『ひょっとしなくても…故障ですかァ~? …マジで?』
むしろ自販機に2千円札とかいうレアモノつっこむ上条さんサイドにも問題があるのではないだろうか。
ちなみに美琴も壱万円札を突っ込んで飲み込まれたようだが、ジュース自販機にはお札返金口はない。
千円札までしか対応していない。
つまり、
自販機:無罪


『ボケッと突っ立ってないで、買わないならどくどく~!』
ミッション達成してご機嫌な美琴。

『なんだ…こいつ…?』
一方の上条さんは…インデックスを助けた直後の記憶喪失状態になっている。
美琴の事は覚えていないようだ。


ここ最近出番がなかった黒子たちはお洒落なカフェで一服。一同、最近の切羽詰った美琴を心配する。


『やっぱり…男! しかないでしょう!!』
『朝まで帰ってこないって事は! もしかして御坂さんっ!!』

WiiHALちゃんは赤ちゃんはコウノトリが運んでくるとか思ってそうだったが、別にそんな事はなかったぜ!


『ったく、あんなに激しかったのに忘れたとは言わせないわよ!!』

美琴さんの言い方が狙って誤解を招いてそうな感じがするのですがそれは。

/おねえっさまぁ~♪\ なん…だと…

作画もそうだけど、禁書一期の上条さんサイドと比べると声優さんの演技が格段に上がってるねぇ。
特に黒子はこの声以外は総バッシング食らうほどにハマってしまっている。


上条さんを類人猿呼ばわりしながら値踏みする黒子。
でも、美琴との交際をはなから否定しているわけではなく、上条さんと会って美琴が元気になった事に多少は感謝してる模様。
ここんとこはいい子やね。

ニ●コイの妹寺は根底から否定する姿勢で心底ウザかった。


黒子は言いたい放題言って去ってしまった。
そこへやってきたのは…。
「お姉様』


『どうして…こんなところで…ブラブラしてんのよ…!』

美琴の声に負の感情が混じる。
そのまま、二人はどこかへ行ってしまった。



『複雑なご家庭…なのかな?』
ラノベにおける姉妹の複雑なご家庭度は異常。


『計画、というのがレベル6シフト計画というのなら、計画は進行中です、とミサカは答えます』
『!?』

研究施設はすべて破壊停止したはずなのに、一方通行の虐殺はまだ続いている…?


可愛いネコちゃん発見。
(ミサカが発見したんですよ、と、ミサカは自らの功績を…)
その場を和ませようとするが…。


『やめて! …その声で…その姿で…あたしの前に現れないでっ…!』

『…はい。失礼しました…』
成り行きとはいえ、妹を拒絶してしまった…。
美琴は罪悪感に苛まれる。


縞パンがカットされてる…だと…?


再度端末を繋いでみると、壊滅させたはずの研究施設が復活していた。
その数…183。とても一人で潰せるような数ではない。


一方、残忍な研究は今夜も行われていた…。

『(クッチャクッチャ)…ハッ、やっぱマジぃなァ…』
ちなみに一方さんがクチャクチャしてたのは御坂妹の指である(通称指ガム)。

おいおい、男塾か。


絶対能力進化計画(レベル6シフトけいかく)が行われる前の一方通行。

『最強(レベル5 -1位)の先にある絶対的な力ならば…君の生活に変化をもたらすかもしれない』
うさんくさい男についていくと、そこでは国際法で禁止されているクローン人間の増殖が行われていた…。
生産された能力者を血肉とすることで、レベル6に進化するという狂った計画に一方通行は加担する。


夜もふけた学園寮。
計画が現在も進行しているという事実に、また美琴は元気を失ってしまう。

(お姉様…昼間はあんなに元気でしたのに…)


(ままま、まさか、あの類人猿に何か…っ!?)

いや、アンタが日頃やってる事のほうがよっぽど変態じみてるから!!


美琴は、自分が学園都市に壊滅的な災厄をもたらす事になったら、ジャッジメントである黒子はどうするのかと問う。
あくまでも仮定。

『例えそれがお姉様でも、黒子のやることは変わりませんの!』
黒子△


この黒子めっちゃ可愛いんですけど…。


『計画の中止と引き換えに、黒子に捕まるのなら、それも悪くない…』
黒子たちを巻き込みたくないが故に、自分に付いてくると言わなかった黒子に安堵する美琴。
これも一つの友情なのだろうか。

上条さんと美琴のカットは実に映えるわぁ~。

つうかEDは井口裕香さんが歌っているという…。

???「私を差し置いて、とうまとツーショットなんて生意気なんだよ!!」
とある科学の超電磁砲S #10 「原子崩し(メルトダウナー)」


アイテムのリーダー・レベル5の『原子崩し』麦野沈利に追い詰められる美琴。
仲間との連携は断てたが、自身の残り電気エネルギーも少ない…。
切り札の超電磁砲も必殺にはならない相手なので、力でねじ伏せる事も出来ない…。


『これ…使える…か…』
施設に張り巡らせられたフレンダの人形とツールを使って、美琴は作戦を思いつく。



一方、疲労の激しいフレンダと滝壺は後の処理は麦野に任せ、自分達は施設を後にしていた。
滝壺さんセクシー。



『ふぇ~っ、疲れたぁ~』


『滝壺、そんなムチャな力の使い方して大丈夫? 時々不安になるんだけど…』
『大丈夫だよ…私の居場所、ここだけだから…』
『そっか…他にもいつか、滝壷の居場所、見つかるといいね』


フレンダたん、根はいい子なんやね。


『ああああああああ!?』

漫画版とは一線を画するほど表情豊かなフレンダたん。スタッフの愛がひしひしと伝わってくるね(ニッコリ)



『爆弾…回収するの…忘れてた…』
(アカン)


麦野は美琴が施設中枢部に向かっている事を予想して先回りしていた。

『やっと来たか…随分な重役出勤ぶりね』


一方の美琴は火力不足を補うため、施設中に放置されてたフレンダの爆弾人形をあらかた回収して麦野戦に挑む。
回収しわすれてたってレベルの数じゃねーぞ!!


しかし人(形)海戦術も、弱点を補う麦野の戦法には通じず…。


しかし、物量戦法が破られるのは美琴も想定内。爆風を隠れ蓑に、自身の渾身の力を持って麦野に突撃する!!


『忘れたのか? こっちもてめぇの電撃に干渉できるって事をよォー!』
『ひょっとして勝ったとか思っちゃったかにゃー?』

むぎのんは猫派。はっきりわかんだね。


『最初(ハナ)から勝負はついてたんだよ…』
『レール…』 /ガンッ!!!\
┌ぜん──┐
│ 3:34 |           _人人人人人人人人人人人人_
└ー───┘          > フレンダくん(にんぎょう)の  <
┌ー─────‐┐  r‐w┐ > ダイビングヘッド!       <
│ とんかつ  0 │ dニHニb > むぎのんの ドタマに      <
│ もうほう  0  |  /ト ニ イ、 > つきささりました~~!!   <
└ー─────‐┘ l_」、閂/,」  ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
               `´  ̄ `´


むぎのん撃破!!


こうして美琴は施設の破壊に成功するのだった。残すはあとひとつ!!


しかし先ほどの場所に戻ってみると、倒れていたはずの麦野が…って、美琴、真横真横ーーー!!


『今からテメーにやられた分…一兆倍にして返してやるんだからよォ!!』
一兆倍とか…中二病まっしぐら発言ですねぇ…。なお実年齢は(ry



『オラァ!! 逃げんな売女ァ!!』


最高にハイ! な、むぎのんに水を差すかのように絹旗からの通話。
スパッツ着用…だと…?
失望しました、やっぱり佐天さんがナンバーワン!


絹旗はフレンダたちと合流したことを報告する。
後ろでもしゃもしゃ動いてるフレンダたんかわええw


『フレンダに超伝言が。お・し・お・き・か・く・て・い・ね☆ …だそうです』
デスヨネー。


『パリィ! パリィ! パリィ! ってかァ!? 笑わせんじゃねえぞクソガキィ!!!』

『パリィ』とかいうゲーム用語知ってるむぎのんはゲーマーな可能性が…?
その激昂ビームでス○エニの上層部脅して早くロマサガ2のリメイク作るよう仕向けてオナシャス!!



必死に麦野の攻撃を防ぐも、ついにその力も尽きつつあった…背後を取られ、絶体絶命な美琴。


『今のあたしにはレールガンどころかアンタの一撃を防ぐ力も残ってないわ…だから、このルートに賭けたのよ』
してやったり顔の美琴。


麦野が足元を見ると、鉄橋にはフレンダの仕掛けたツールが張り巡らされていた!!



『お子様のケンカも馬鹿にできないでしょ…【オバサン】』
言ってしまいましたなぁ…これは大変な事やと思うよ(主にむぎのんの年齢について)

『ふれんだぁぁぁぁ-------ッ!!』
(てへっ☆(てへっ☆(てへっ☆)
戦犯:フレンダ



大逆転! 鉄橋は崩れ、麦野は回避する術を持たない!


『捕まって!!』
美琴はワイヤーを投げつけるが、麦野はそれを払う。
おいおい、ギースハワードか。


『降りて来いゴラァ!』
落ちたものの、しぶといむぎのんは激昂ビームおばさんの異名に恥じぬ諦めの悪さで美琴を攻撃し続ける。
しかし落ちた際のダメージはあり、戦闘不能状態になった。美琴の勝ちである。


科学者を脅してレベル6計画の全貌を暴きだすむぎのん。こえーよ。



傷ついた美琴はホテルのベッドで泥のように眠る…。
残りの施設は一つ。まだ戦いは終わっていないのだ。


翌日、最後の施設に向かうとそこは誰一人居ないもぬけの殻と化していた。
施設とともに研究は破綻したのだ…。
もう妹達(シスターズ)が殺される事もない…。美琴は勝利したのだ。
『みんな…今、帰るから…』


『あれェーッ!? ひょっとしなくても…故障ですか…コレ?』
上条さんきたああああああああああああ!!



禁書目録<インデックス>と超電磁砲<レールガン>が今ここに交わる!!



提供www
最後までフレンダ愛に満ち溢れるアイテム編やったね(ホッコリ)
とある科学の超電磁砲S #9 「能力追跡(AIMストーカー)」

フレンダを苦戦の上に倒したものの、即座に新手の敵・麦野沈利が登場。
体力消耗している上に、先ほどより格上の相手。
美琴にとってこれは辛い。



『私はそんなフレンダを応援してる』
(そんなって…どんなワケ…?)



美琴VS麦野が始まる。美琴の攻撃は電磁波含め、麦野の『原子崩し(メルトダウナー)』に防がれてしまう。
防戦一方に回らざるをえない美琴。


攻撃をかわし続ける美琴に業を煮やした麦野は、確実な勝利のため滝壺さんの援護を要求する。




あの目は…滝壺ちゃんが能力を使う時の目だ!



フレンダもまだ動けるので、流石に1対3は分が悪すぎる。
対人は避けて、施設の破壊を最優先する美琴。


しかし、壁を隔てて見えないはずの美琴に正確な攻撃。逆に何処から攻撃がくるか分からなくなってしまった。


(さっすが、学園都市第4位のレベル5『原子崩し(メルトダウナー)…
そして、例え地球の裏側に逃げても、位置情報を検索できる滝壺の『能力追跡(AIMストーカー)』
この二人から逃げられる奴なんて…)


けっひょふ、いふぁいわけひょ!!(結局いないワケよ!)

解説乙であります!


相手を追い詰める戦略は整った。三位一体で美琴を追い詰めるアイテムたち。


一方、布束さんは美琴とは別のもう一方の施設に忍び込んでいた。
用意したのは、妹達<シスターズ>に人間らしい感情を上書きするプログラム。


『もうこれ以上戦いたくないという感情が、誰かの心を動かすかも…』
一方さんはロリのほうのミサカさんにコロッといっちゃったから正解だね。

しかし…。

『一方の襲撃が超陽動である可能性を捨てるべきではない。
どうやら…麦野の読みは超当たっていたようですね』


麦野 有能
これはJKでは到底辿りつけない読みの深さですわ(褒めてますよ?)


しかも、プログラムはセキュリティにブロックされてしまった。布束さん絶体絶命!!




ヤッター カッコイイー (ラーメンマンAA略)
つうか布束さん格闘の訓練とか受けてるのかしら…。能力者かどうかも現在は不明だし。


しかし、布束さんの抵抗も、絹旗最愛の『窒素装甲(オフェンスアーマー)』により防御されてしまう。

『この期に及んで急所を外す心遣いは、超見上げたモンですが』
その後、腹パンを食らって布束さんは連れさらわれてしまう。



フレンダと滝壺さんのサポートを受けながらもトドメを刺しきれない麦野。


滝壺さんの能力も無限ではない。大きく精神を消耗する。


『ごめんね、足、引っ張って…』


『別に責めてはいないわよ』


『二人のお陰で相手は虫の息だしね』

あれは…ぐう聖ビームお姉さん?

JKどころか、子育て経験がある母性に溢れた女性みたいなんだよなぁ…。いや、もちろん褒めてますよ?


『学園都市第三位のレベル5…常盤台の…『超電磁砲(レールガン)』!!』

むぎのんJK説完全に逝ったぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁ

むしろこれは腹立つ上司のお茶に雑巾一番絞り入れようとしてるアラサーOLの顔ですわ!!

そんな表情豊かなむぎのんが好きだぜ!! なお来週はもっとすごいむぎのんが見られるもよう。パリィパリィパリィ!
とある科学の超電磁砲S #8 Item(アイテム)


怪しげな取引をする大の男達を簡単にのしてしまう、学園都市の暗部組織「アイテム」
その構成員のほとんどがまだ少女といえる年齢の者ばかりだった(ひとりおばさんが居ます…おっと、こんな時間に誰か来たようだ)



曲の入力待ちしてる女子会INカラオケボックスか何か?



絹旗 最愛(きぬはた さいあい)。『超』かわいい。



脚線美に自信ネキ、フレンダ=セイヴェルンちゃん。外見はぺろぺろ要員だが、意外にも女子高生なお年頃。



滝壺 理后(たきつぼ りこう)さん。雰囲気的に姫神さんのような黒髪クールだが、こちらは出番が多くなるもよう。



激 昂 ビ ー ム お ば さ ん

年齢は明かされていないがアイテムのリーダーであることから女子高生以上と思われる。年の功(ボソッ


物騒な依頼をこなす組織だが、彼女らは仲間として上手くやれているようだ。お互いに冗談を言って笑いあう仲の良さを見せている。
今回の彼女達への依頼は研究所を破壊する能力者の撃退。
それは御坂美琴と対峙する事を意味する。


フレンダは残り二つの研究所のうち、一つを単身で待ち構える。
これから戦おうっていうのに図柄が片思いの先輩に告白できなくて家でぬいぐるみ相手に練習してるヒロインみたいなんですけど…。









        /キタ-----------------!!\



美琴はフレンダが一人で待つ研究所へやってきた。


所内に仕掛けたさまざまなトラップで、美琴を梃子摺らせる。
ぬいぐるみの爆弾は本物の爆弾で、めずらしく能力者ではないようだ。


フレンダの姿を視界に捉えた美琴。
しかしフレンダはここは自分のテリトリーとでもいわんばかりか、不敵な笑みを美琴に向ける。


『やだやだ、捕まったら八つ裂きにされちゃうかもー! ぬわぁんちゃって!!』
可愛い。
男相手なら見かけとしぐさに騙されそうだけど、上条さんも一方通行さんも女子を平気でグーパンしちゃうような作品だからね…。



落下する鉄骨を磁石の力で結合させる美琴。
グレイジーダイヤモンドっぽいぜ!






フレンダを追っていくと、そこは袋小路。
彼女を追い詰めたかのように見えたが…?


追い詰めたと思っていたら、フレンダの絶好の狩り場に誘導されていた、さまざまな手を使い、美琴に攻撃を仕掛ける。
スタングレネードって太陽拳に聴覚ダメージを加えたようなものだよね。
♪ギャラはんぶ~ん! ギャラはんぶ~ん!♪
か わ い い。


それでも、学園都市レベル5能力者・御坂美琴に致命的なダメージを与える事は出来ない。
見かねたフレンダは奥の手を使う。


たちまち辺りはガスが充満する密室に! これでは美琴は電流が使えない!



卓越した体術で美琴を圧倒する。
徒手空拳ではフレンダのほうが一枚上手のようだ。


脚線美に自信があるフレンダちゃんのおみ足画像を多めに貼っておきますね つ□


ビリビリの服がビリビリ

『標的の命を摘む。その瞬間、あたしは相手の運命を支配するワケよ』


『こいつはあたしに殺されるために生まれてきたんだってねェ!!』
『!!』



『それじゃあ、最後にいいカンジの悲鳴を聞かせて頂戴!!』



すんでの所でフレンダの刃をガードする美琴。



『殺されるために…生まれてきた…?』


今の美琴を動かしているものに触れる発言をしてしまったフレンダ。
その発言によって、再び美琴の体に怒りのエネルギーが満ちてくる。



『そんな運命を当たり前のように受け止めて…
ざけんじゃないわよッ!!』



形勢逆転! さらにガス室はタダのハッタリだったという事が美琴にバレてしまう。


(お、オラオラの時間か?)


てへっ☆

これは許されるてへぺろ☆


遠慮なしに渾身のグーパンかます上条さんや一方さんよりは優しい美琴。
『計画について知ってること、洗いざらい吐きなさい』


『黒コゲになりたくなかったら三秒以内に答えなさい』
(言う言う! 言うからぁ!!)

しかしフレンダは体が痺れて上手く発音が出来ない。


『そう、仲間は売れないってワケね…。まあ、そういうのキライじゃないけど』
いや、フレンダたんめっちゃ仲間のバーゲンセール始める気だったんですけど…。
おいおい、ハンター×ハンターのキルアとイカルゴか。


その瞬間、壁を焼き尽くす一陣の光が!!


『あんまり静かだから…てっきりやられちゃったかと思ったけど…危機一髪だったみたいね…フレンダ』
ラスボス登場!
同じレベル5能力者同士、激戦必至!!
とある科学の超電磁砲S #7 お姉さまの力になりたいですの


次々に遺伝子研究所を破壊していく美琴。
いくら自分の正義であるとはいえ、これはれっきとした犯罪。黒子たちの力を借りるわけにはいかない。
美琴の孤独な戦いは続く。


水饅頭を前に悦に浸る固法先輩。なんかキャラ微妙に変わってないですかね…。


前回からのシリアス展開から何でオリジナル日常話をいれたし…テンポ悪い。
なお、ゴリ押ししてたアニメオリキャラ春上さんの霊圧は消えたもよう。



クンカクンカ佐天さん再び!!


それにしても、この固法先輩、ノリノリである。


改めて4人娘の仲の良さを再確認する回…っていっても、先週の一方通行さんの殺伐とした展開があったから、浮いてるオリジナル回だった。


JCスタッフのオリジナル回を認めてはいけない(戒め)

灼眼のシャナもスタッフがヘカテーたん好きなのはよく分かったけどさぁ…(シャナ二期)
とある科学の超電磁砲S #6 あたし…みんなのこと見えてるから


ミサカ妹の惨殺現場を目の当たりにし、激昂する美琴。
この砂鉄で相手を固める攻撃はNARUTOの我愛羅を思い出す。
当時の少年ジャンプではなかなかグロい攻撃でしたわ。


しかし、攻撃は一方通行には届かない…。
ふと視線を敵とは違う箇所に向けた美琴は、見てはいけないものを見てしまう。


『うわああああああああああああああああああああああああああああああああッ!!』
さらなる怒りで、普段からは考えられないほどの力が美琴からあふれ出す。
しかし、その力を持ってしても、一方通行には埃一つも付ける事は出来なかった。


『そっかそっかァ! お前…オリジナルかァ!?』


学園都市・第三位のレベル5能力者『超電磁砲』の異名をとる美琴の最強の必殺技が炸裂する!!


一方通行は、ただそこに立っていただけ。それだけなのに、美琴の切り札はいとも簡単に跳ね返されてしまった。


同じレベル5能力者だというのに、第一位と第三位とではこうも差があるのか…。
もはや戦う気力ですら失くしてしまった美琴。


『お待ちください。計画外の戦闘は予測演算に誤差を生じる恐れがあります…と、ミサカは警告します』


背後からの突然の声に振り向くと、そこには先刻一方通行に惨殺されたミサカ妹の姿があった。
だが、一人だけではない。
『超電磁砲量産計画(レディオノイズけいかく)』により、ミサカ妹は大量に生産されていたのだ…。

ひとりぐらいお持ち帰りしてもバレませんよね?(小声)


ひとまず、この場の戦闘は収まったようだ。
『そういやァ自己紹介がまだだったなァ。一方通行(アクセラレーター)だ。ヨロシクゥ』



完全なる敗北。自分が関わった者が惨たらしく殺されたというのに、何も出来なかった…。


ちょwww 佐天さん! 中学生で麻雀とかwww

近い将来、初春ちゃんを脱衣麻雀で負かして合法的におぱんつ見るためですねわかります。


その夜、美琴は寮に帰る気力さえ無く、街のベンチで一夜を過ごす。
見た夢は自分のせいで血の色に染め上げられていくミサカ妹たちの姿と怨嗟の声。


『ベンチで夜明かししている不良少女が居ると思えば…。久しぶりね』
抜け殻のような美琴の前に現れたのは布束さんだった。



『あんたがマネーカードをバラまいていたのは、実験を妨害するためだからでしょ…。
何で?人間じゃない、作り物を守るために…』



時を重ねるごとに、より人間らしい人間に成長するミサカ妹に布束さんは情を抱くようになる。
だから、マネーカードをバラまいて、実験を阻止するような真似をしていたのだ。

『あなたは…彼女たちをどうしたいの?』
布束さんは美琴に問う。



『殺されることを受け入れようとする連中を助けるなんて…。
でも、人のDNAマップをくだらない実験に使うような連中を…黙って見過ごす気もないわ…』



朝まで美琴の帰りを待ち続ける黒子。
こういうアンニュイな表情してれば普通に美少女なんだけどな(笑)



翌日、決断を下した美琴は、自らを鼓舞するかのように
友達を呼んで明るく振舞う。


しかし、佐天さんたちに何をしていたのかと問われると、昨晩の忌まわしい光景が脳裏に蘇る。


『見えてるから…あたし、みんなのこと、見えてるから…』
それは、これから死地へと向かう戦士のような言葉だったのだろうか。

『これだけは忘れないで下さい。美坂さんには、あたし達が付いています。
抱えきれなくなったら、いつでも言って下さいね』

仲良きことは美しきかな。
さすが頼りになる佐天アニキ! もうアニキの金属バットフルスイングで一方通行の頭パーンしちゃってください!!


『計画の関連施設は20を越えるわよ…。一人でやるつもり?』
『あたしを誰だと思っているの? 自分の手で…カタをつけるわ』


美琴の孤独な戦いが今始まる!!
とある科学の超電磁砲S #5 絶対能力進化計画(レベル6シフトけいかく)


ついに出会ってしまった御坂美琴と、彼女のクローン『妹達(シスターズ)』。
物語は動き始める…。 

/にゃー\



よく見ると子猫が木から下りられなくなってるようだ。心優しいミサカは猫を助ける事を提案する。


『四つんばいになった上に登れば届くのではないかとミサカは提案します』
(なんであたしが下…?)


いや、美琴さん、あんたOPでめっちゃ飛んでるやん…。
まあ、OP映像と本編の内容が違うのはゲームでもよくあることだからしょうがないね。



縞パンゲットだぜ!

この縞パンは研究者の趣味だと思われ。
もし、ミサカ妹がオリジナルと同じ短パン装備だったら、美琴よりもはやくこのわたしが計画を潰していただろう…ラッキーだったな…。


道中、姉妹漫才を繰り広げる二人。
何か変なのが混じってるような気がするが目の錯覚だろう。


ゲコ太バッヂをミサカ妹に装着。



『これは、お姉様から頂いた、初めてのプレゼントですから…』

どことなく嬉しそうなミサカ妹。


『さようなら、お姉様』
『うん、ああ…』

平和という日常に浸かっていた美琴にはその『さよなら』の意味がすぐには分からなかったのだ…。



数時間後の人気の無い路地裏。



『これより、第9982次実験を開始します』
邪悪な笑みを浮かべるその男に向かって、ミサカ妹は事務的に呟く。


始まった戦闘。
しかし、それは戦いと呼ぶことさえおこがましい、ただの『虐殺』に過ぎなかった。


二万体のミサカ妹を殺すことによって、レベル5能力者『一方通行(アクセラレーター)』はレベル6に進化する。
そんな狂気の研究がこの学園都市では秘密裏に行われていた。

リョナシーン
監修:久保帯人(ブリーチ)
脚本:大暮維人(エアギア)

久保・大暮(ニッコリ)
両先生とも満足いく出来だったもよう。


戦いのさなか、美琴から貰ったゲコ太バッヂが外れてしまう。


なんという見せない構図…。



『お前、もう飽きたよ』



戦いの現場にようやくたどり着いた美琴だったが…。




『廃棄電車だッ!!』

ぶっちゃけて言うと、上条さんにこの戦法とってたら瞬殺してたよね。


『うあああああああああああああああっ!!』

ミサカ妹の惨殺現場を見て激昂する美琴。彼女の一撃は一方通行に届くのか!?
とある科学の超電磁砲S #4 妹達(シスターズ)


美琴が研究所に潜入した日の3ケ月前。
レディオノイズ計画は永久凍結されたが、クローンは確かに生産されていた…。


胸のわだかまりが無くなってご機嫌の美琴。
黒子のラッキースケベにもお咎めなし。
『もう~、気をつけなきゃダメよ~♪』
お姉様、中の人つながりで声のトーンが某平凡な日常を描いた三姉妹アニメの長女になってるんですが…。



この指の形はらんま1/2!!



佐天さん達とも合流。休日のガールズトークのはじまり。


気色悪いほどにご機嫌な美琴に違和感を感じる黒子。
前日までにあれだけ夜間抜け出していたのだから、何かあったと考えるのは当然である。



春上さん、意外にスタイルいいほう?



ついでにロング美坂妹も貼っておきますね。


翌日。友達4人はそれぞれ用事があり、美琴は暇を持て余していた。

『意気揚々と立ち読みに来て、
先週が合併号だった時のガッカリ感ったら無いわよねぇ~…』


なお、生粋のジャンプマニアであるわたしは『立ち読みなど邪道!!』といって同じ号を買ってしまうもよう。中学くらいまでは。


ベンチでひとりガッカリしてると懐かしいレールガン1期に助けた女の子が。
ついでに数少ない美琴さんの色っぽい画像も貼っておきますね。


女の子がつけていたゲコ太バッヂに食いつく美琴。
ちなみにわたしはょぅι゙ょのぬぎぬぎシーンに食いつく。



『お嬢さん、そのバッヂ、どこで入手したものですかッ!!』


子供を引き連れてガチャの前に立ちはだかる美琴さん。


いくらお金があるといっても、中学生で大人買いするとはなんと大人気ない…。


必死こいて大枚はたいてゲットしても、いざ手にとって見ると何に使うのかよく分からずにそのままフェードアウトしちゃう物ってよくあるよね…。
ビックリマンシールとかさ…。


なんだかんだ言って子供たちと楽しい日常を過ごした美琴。
しかし、突如見られているような感覚が彼女を非日常へと戻す。


ついに出会ってしまった二人。物語は急加速する…。

EDが流れ、次回予告の前に再び過去の研究室。

『あとは服ね。支給されているものがあるから、それに着替えて。あ、その前に…』

前に
さ、
ちゃっ
ら?
了解しました

EDの美坂姉妹にほっこりしてたら、
まさかのリョナラー大歓喜の展開きたああああああああ!!
とある科学の超電磁砲S #3 超電磁砲量産計画(レディオノイズけいかく)


廃ビルで対峙する美琴と布束さん。


『アンタ、クローンの噂について何か知って…』(ゴスッ)
『長幼の序は守りなさい』
ネオジオROMに匹敵する重量と硬さを持つ通学カバンで年上に対して無礼な美琴にオシオキ。



これは養豚場の豚を見るような眼ですなぁ…イイ!!///


ガイル少佐も唸る美しいソバット! しかも真顔でw



うやむやのうちに布束さんと別れた美琴は、彼女の学園にハッキングを試みる。



あら、布束さん写真写りも美人じゃないですか…。


『3万7千円になります』
『更衣室代わりにホテル使うだけだけど…まいっか』


これはブルジョアですなぁ…。つうかこの微妙なデザインのシャツとパンツ上下で4万近くとかボリすぎじゃね?



なんやこの食品!?
なおレールガンにはこれとしのぎを削る「ガラナ青汁」「カツサンドドリンク」というものが存在する。
先週の固法さんの可愛いお弁当はぜひコラボ商品化してほしいが、こちらはしなくて結構。
みかくの ほうそくが みだれる!!



おさげ佐天さんも可愛いのです。


『お姉様、今日も本当に遅いのですわね…』
今日も夜間留守の美琴を心配する黒子。

しかし、美琴を心配する憂いの表情は、だんだんとベランダに掛かってる女性下着を見る変態の眼に変わっていき…。

お姉様!
お姉様ぁぁぁあぁぁ
うわぁああああああ
ああん!!! 
クンカクンカ!
スーハースーハー!
(以下略)

まさかルイズコピペを映像で表現してしまうとはたまげたなぁ…。



(お、食蜂操祈か?)
ということは食蜂さんのあの椎茸眼は年中オールタイム発情しているという事に…?



『侵入した痕跡は残したくないんだけど…』
おいおいスネークばりのプロフェッショナル精神だな。


研究所の秘密施設で美琴はシスターズ計画書を発見する。
そこには幼少の頃に自身のDNAマップを提供してから、クローン計画が始まった事が書かれていた。
戦慄する美琴。


しかし研究段階で製造されたクローンは美琴のレベル5の能力には程遠いレベル2のものばかり。
これではクローンどころか劣化パチモンを製造しているに過ぎない。
よって、研究は凍結された。


研究所を去った美琴のあとに現れた、美琴にそっくりな少女。
そう、計画は頓挫しても、造られたクローンは存在していたのだ…。
とある科学の超電磁砲S #2 寿命中断(クリティカル)

幼少の頃の美琴。とある研究施設で、彼女は理不尽な病に蝕まれる患者を目にする。


『君の能力を使えば同じ病気の方々を救えるかもしれない。協力してくれるだろうか?』
『うん!』

ここでの『だが断る』は露伴先生でも無理。


『なんであんな昔の夢を…』
中二病全盛期では良く見る種類の夢ですね。



おはようございます、変態ですの!
これ、間一髪の所で入ってないよね。



美琴の買い物に(無理やり)付き合った黒子はショートカットをお勧めする。


そこで手に入れた謎のマネーカード。


最近、この学園都市では同じマネーカードが出回っているという。
これは陰謀の匂いですねぇ…。



その後、美琴が一人で街を散策していると…。


佐天さん『クンカクンカ…』
佐天さん!
佐天さんぅぅぅぅぅぅうわぁああああああああん!!! 
クンカクンカ!
スーハースーハー!
(以下略)


レベルアッパー編といい、佐天さんというトラブルどんとこい娘。可愛い。



『後で初春にカードの事連絡しときますね』
お金目当てではなく、友人の捜査に協力する…。
ホンマ佐天さんは天使やで…。


マネーカードをバラ撒いていた張本人を嗅ぎつけたDQN連中とそれを盗み聞きする美琴。


スタッフ「ちょっとレールガン一期では佐天さんを巨乳にしすぎたから、今回は腰のラインで貢献しますね」
なん…だと…。
まあ巨乳+美脚になったら佐天さんが最強ヒロインになってしまうからしょうがないね。



やだ…このお弁当めっちゃ可愛い…。商品化コラボはよ!



美琴たちの部屋に、寮監が点呼にやってきた。
シャワー室から姿の見えない美琴の声。


『この黒子秘蔵のお姉様ボイスコレクションがなければどうなって居たことやら』
いや、機転の利く女(キリッ)とか思ってそうだけど、アンタただの変態だからな!!


マネーカードをばら撒いていたと思われる女のアジトへDQN襲来。


あれ、布束さんミステリアス美人になりすぎじゃね?
コミック版ではデスノートのLみたいな風貌だったのに。

こんな美人に耳元で不吉な言葉呟かれるとかそれなんてご褒美ですか!
これはゴスロリ服に多大な期待が寄せられますな!


巧みな話術と演出でDQNを撃退した布束さん。
一部始終を見ていた美琴。


「あなた…オリジナルね…」

そういやレールガン二期は上条さんが一方通行と戦う前のお話だったね。
禁書1期アニメからもう4年半なんだよなぁ。
とある科学の超電磁砲S #1 超電磁砲(レールガン)



もはやインデックスさん自体が外伝の外伝の外伝(×10乗)と言っていいほど存在が希薄なんですが、レールガンの位置づけが禁書の外伝でいいんでしょうかね…。


野郎共に追われる佐天さん。
アニメ版の佐天さんは結構な巨乳補正が掛かってるが、スタッフの嗜好の前に他3人が歳相応以下のサイズだからしょうがないね。



4人組のブレイン:WiiHALさんこと、初春さん。

/ジャッジメントですの!\

また黒子ちゃんのこの特徴のあるオバちゃん声を聞ける日がやってきたんだなぁ…。


そして真打登場!!
美琴を囲む野郎たち。この後彼らは今流行の「マカンコウサッポウ」みたいにまとめてやられます。



佐天さんの私服のバリエーション多すぎィ! なおセンスはまちまちな模様。



学園の図書館でお嬢様っぽい佇まいを見せる美琴。


そういや婚后さんとは仲が良くなってたんだね。
水泳部の二人も元気そうで何より。



そんな彼女たちの和気藹々とした会話を舐めるように見つめる少女が一人…。


彼女の名は食蜂操祈(しょくほうみさき)。
くっ、なんてけしからんおっぱいだ!!

たすき掛けで強調してるのがあざとくてさらにけしからん!!

つうか、禁書目録超電磁砲シリーズの登場キャラの名前を全員カンニング無しで漢字で書ける人っているの?


『アンタ、ホントに中学生?』(主におっぱいをガン見しながら)


初春さんや佐天さんらと待ち合わせしてました。アホ毛っ娘は春上衿衣(はるうえ えりい)さん。



で、でたー! 佐天さんの必殺技、初春のスカートめくり!!
公式イラストでも初春さんのスカートめくってる構図が多いけど、どんだけ初春さんのスカートの中身に興味があるんだよ!!


春上さんと同じ研究施設に入れられていた「置き去り」の一人、枝先絆理(えださき ばんり)ちゃん。
後に彼女は『りっちゃん隊員』と名を変え、軽音部のドラムとして高校生活を送っていくのだ(嘘)


病院内に過激派の残党が!! 院内は非常警戒モードに。


春上さんが騒ぎを聞いて顔を出してみると…。


春上さんが人質に取られてしまった。通りがかった美琴たちはスキルアウトの黄泉川先生に事情を聞く。


くっつく波紋! リサリサ先生のキツイ授業もこれで大丈夫だね(ニッコリ


屋上からヘリを使って逃走する過激派を捕まえようとする美琴だったが…。











やったーカッコイイー(ラーメンマンAA略)

1期にて仲間の全滅を間一髪で食い止めた、佐天アニキの金属バットフルスイングをウチらは忘れてへんで!!

つうか今週は主人公の美琴の次に佐天さんおいしい役どころじゃね?
まーたスタッフは佐天さん寵愛路線でいくのか。いいぞもっとやれ。



黒子のテレポートで全員窮地を脱出。


ナメられっぱなしの美琴は、りっちゃん隊員へのプレゼントを取り返す目的も合わせてテロリストを追う。


『えーと…黒子? …その、ありがとね』

『行ってらっしゃいませ、お姉様』
『思い出した! 常盤台のエレクトロマスターと言えば、この街最強の電撃使い!!』
『レベル5の…超電磁砲(レールガン)…っ!』

記憶力の悪いヘリ好きテロリストさん達は、バンゲリングベイでもやって、どうぞ。
『まったく、退屈しませんねぇ…この街は』
まーたそげぶさんがオイシイとこ持っていったのか。


オープニングは相変わらずカッコイイですな!!


超電磁砲の上条さんは、御坂フィルタが掛かってイケメン設定になってるからしょうがないね。


さて、今季アニメ最大の目玉と言われたレールガンですが、
禁書目録や1期電磁砲からの期待を裏切らない出来。

クオリティ高須クリニックwww

早くも今季NO.1アニメが決定してしまったか?