本日:
昨日:

TOPへ戻る
東京レイヴンズ感想その1
東京レイヴンズ 第二十四話 『to The DarkSky -魂呼-』(最終回)


とある昔の頃のお話。
『お前が僕の式神か!』
ロングコンちゃんカワユス。

春虎は泰山府君祭で夏目を生き返らせるため、ようじょ先輩の下へと駆ける。

『バカ虎! 夏目っちの代わりにアンタが死んだら、
あたしが生き返らせるんだからっ!!』


『必ず戻る。だから…待っててくれ!』

冬児たちと別れ、単身夏目の元へと向かう春虎。だが目の前に現れたのは…。

『てめぇを餌に…大友をおびき寄せる!!』
ちょwww 鏡さんwww あれだけ大友先生にコテンパンにやられたと言うのに切り替え早いお方!


鏡さん大友先生の時とはまったく別人の強さじゃないですかやだー!


『コォォォン!!』
コンちゃんは一応、北斗(少女)とは違ってリスポーン可能な式神でしたっけ…


一方こちらは一触即発状態の大友先生と木暮さん。


『そこまでじゃ!』
道満が天海おじいちゃんを抱えてやってきた。おでこには…。

かがみん『やだ…オレとおそろい…///
京子ちゃんの父上は人のおでこで遊びすぎなんじゃないんですかね…。


コンを庇った春虎も片目を潰されてしまう。
『私は…貴様ごとき小童に主を奪われるため、待ち続けたのではない!』


コンちゃん大きく成長!!
ようじょ先輩(ガッカリ)


あ、あれ? ちょっとコンちゃん成長しすぎなんじゃないですかね…。
バナナは腐りかけが一番美味いってレベルじゃ(削除)
第二形態のロングコンちゃんがFAかと思われます!!

『下郎…下がれ!』

『よう、飛車丸。随分てこずってるな。鈍ったか?』
右下の鏡さんとシェイバが何かホモくさい構図だ…。


『天海部長、ここはあなたに免じて見逃しましょう』
『俺の剣は陰陽庁を必要としている人々のために振るう…!』



『春虎…夏目のことは本意ではなかった…』

そういや北斗(少女)と多軌子の声優さんが同じ金元寿子さんなのは何か意味があったんだろうか。
まあ、特にもなさそうなのでクリリンとヤジロベー(田中真弓さん)みたいなものと思うことにするわ。

『夏目は渡す…けどこれで償えるなんて思わない…。春虎、いずれまた…』

『ゴメン、待たせたな、夏目…』


『待ってたわ…』

そして長い夜が終わろうとしていた…。

マリリンかわいい!
結局ヒゲスキーなんじゃないか!


『導師、僕の式神になって下さい』
『ぬし、ワシに飲まれるぞ…』


大友先生作中最強クラスなのにさらに貪欲…。
主人公が追いつける日は来るのか。

春虎の結果報告を待つ冬児たち。
『グッドモーニング、天馬くん』

『一応成功した。当分会えないだろうけど、そっちも頑張って』

『ハハハハ!』
携帯の向こうからは春虎の笑い声が。
どうやら最悪の結果とは程遠いことに落ち着いてるようだ。


『会えないなら、探し出して、お前は夜光か春虎か? って聞いてみようぜ』
『その前に土下座でしょ。さんざん、人の事振り回したんだから…』


『あのバカどもを探し出して、説教するぞ!!』
彼らの新しい目標が決まった。


『春虎くん…春虎くん…』


『私は、あなたが、好き…』
二人は幸せなキスをして終了。

『夏目、ごめんな。また、いつか会おう…』


夏目を残し、春虎は二人の従者を連れて新たな戦いへと旅立っていった。

お疲れ様でした!!
総評:大変面白かったです!
めっちゃカッコイイOPに引き付けられ、北斗の正体という伏線、そして東京の陰陽塾へ。
魅力的な登場人物が続々現れ、それは味方であり、時には敵となったり、そして敵が味方になったり。
この辺のキャラの関係が見ていてとても楽しかったです。

続きの小説を読みたくなる大満足な出来でしたが、
不満点を挙げるとすれば、春虎覚醒回の出来があんまりにもアレで、逆に大友先生メイン回や天海おじいちゃん回がカッコよくて、
登場人物がバトルパートでは皆主人公より強く見えた、というところでしょうか。主人公とはなんだったのか。
あと、明らかに一期より格段に落ちるOP。これは一期があまりにもよすぎたからしょうがないかもしれませんが…。

原作9巻一章終了とのことで、ストックがたまれば二章やってくれるかなぁ…。
灼眼のシャナみたいに長く続くシリーズになって欲しいですね!
東京レイヴンズ 第二十三話 『to The DarkSky -陰陽-』


一人だけ陰陽庁侵入作戦に加わらなかった天馬は家の前で幼女先輩と出会う。


『陰陽庁の要石、見事砕いて見せなさい』
幼女先輩は天馬の影の薄さを利用して、単独で潜入する作戦を伝える。

『しくじったら…婿にいけなくしてやる』
ただのご褒美じゃねーか!


こちらスネー(ry


この可愛いショタ天馬きゅんが、幼女先輩にお婿に行けなくさせられる薄い本はよ!!

しばらくすると道満の分身が大量に押し寄せてきた。

これは幻の六人目もびっくりの影の薄さですなぁ…。


『ぬしはつまらん。まだ、ワシのメアドは教えられんのう!』
『何と、それは…残念!!』

この二人のやり取りすき。

一方、満を持して大友先生に挑んできたかがみんだったが…。

かがみんフルボッコじゃないですかやだー!


天馬は鴉羽の封印を解くことに成功した!



バルス!!


目が! 目がぁ~!!


『ええ勉強になったやろ。ほな!』
か、かがみんは式神のシェイバがおらんと十全に力を発揮できんから…(震え声)


ダイナミック☆入店



これどうみても囚われの姫を助けに来た白馬の王子の姿だよね。


体が動かないほどに痛めつけられて牢獄に放り込まれても、なお諦めない天海おじいちゃんマジカッコイイ。


ダイナミック☆出店


天馬は幼女先輩の伝言を春虎に伝える。
真の泰山府君祭のやり方で、夏目を蘇生させることに協力してくれるそうだ。

しかし…

『どんな事情があろうとも、禁呪に手を染めることを見過ごすことは出来ない!』
木暮さんまでも敵に回ろうとは…。
しかし遅れて大友先生もやってきた。大友先生に汗ひとつかかせられなかったかがみんェ…。

そして倉橋さんが星詠みの力に目覚める!!

ちょっと作画さん、光源強すぎんよ~。

『バニッシュメント・ディスワールド!!』

『夏目ちゃんは春虎、あなたを待ってる! だから、言ってあげて!!』

春虎たちは眼くらましで木暮さんをまく。

『陣、てめえええ!! 正気か!!』
『正直、教職がこんなに大変なモノなんて思うとらんかったわ』
『これが…僕の選択や!!』

このアニメのボス敵クラス、半数以上大友先生が相手してるじゃないですかやだー!
もう主人公でええやろ。
東京レイヴンズ 第二十二話 『to The DarkSky -護法-』


春虎を奪還すべく、集まったメンバー。
そこには天馬の姿はない。
『マジ見損なったわ! あの弱虫メガネ!』

まあ、天馬はシェイバの時も逃げずに戦ってくれたから、冬児の言うとおり後ろでサポートしてるのだろう。


『ほな法師、段取りどうりに…』
『おうよ』
『カタ、付けさせてもらおか』

大友先生&道満のコンビは陰陽庁を襲撃する。


春虎は倉橋長官の部屋に通された。
夏目を復活させる代わりに、彼らの同志になることを契約される。


『その霊気…十二神将かの?』
『子供…?』



こえええええええええええええええ
バッグ開けたら干からびたジーサンが大量に出てくるとか、マリリンじゃなくてもこんな顔になりますわ。


『まさかシャドウが法師を引っ張り出そうとは…
あいつ、一体どんな魔法を使ったんで?』
『フォッフォッ、ワシとあいつはメル友でな!』
『私も後ほどアドレス交換させていただきたいものです』


道満vs宮地の最強クラスバトルが実現!!
最強にもなるとこんな余裕のある会話になっちゃうんだなぁ…。

一方、大友先生のほうには。

待ってたぜ…この瞬間<とき>をよォ!この時を夢にまで見ていたぜ…!』
いままでのキャラの積み重ねがあってからこその、めっちゃ盛り上がるバトル!!


ところでこれから陰陽庁に潜入しようってのに、倉橋さんのこの服かわいい。
倉橋さんも星読みの力に目覚めつつある…?


倉橋長官たちに懐柔されそうになる春虎。
『お待ち下さい! 春虎さま、ご無礼を承知であえて申し上げます!!』

『この者たちは一切信用できません! どうかご再考なさいませ!!』

『春虎さま! 夏目どのの復活は夜行の生まれ変わりの
春虎さまご自身の手でなさるべきです!!』



『コン…ありがとう…!』
コンちゃん…、いや、コン△!!


『倉橋…! 鴉羽の封印が解かれた…!』
『なに…!?』



『天晴れだ、護法! こっちもボウズがやってくれたぜ!!』
この扇子は!!
天海おじいちゃん生きてたーーー!?
 めっちゃ嬉しい!!


『見つけたぜ!!』
レッツパーリィだあああああああああああああ
東京レイヴンズ 第二十一話 『to The DarkSky -闇夜-』


夏目逝く----------。
儚い雪のように消えていく北斗…。

『…そうだ、オヤジに頼めば…! オレとは違ってプロの陰陽師なんだし…』

『春虎…! どんな陰陽師だって死んだ人間を生き返らせることは出来ない…!』
『生き返…らせる…』

春虎のすがるような視線は鈴鹿に向く。


その時、陰陽庁が武装車に乗ってやってきた。
春虎たちを捕縛しにきたようだ。
この場は逃げる春虎と、それを追いかける冬児と鈴鹿。


『鈴鹿…! 泰山府君祭だ…! 
泰山府君祭なら夏目を生き返らせることが出来る…!』



『嫌よ…あたしの時は止めたくせに…この卑怯者!!』
あれは死を受け入れられない弱い人間が自分の命と引き換えに死者を黄泉返らせる禁断の呪術。
それが分かっているのに、行使しようとする弱い春虎が鈴鹿ちゃんは許せない。

『やあ。お取り込み中失礼するよ』

『おとうさん…? そんな…死んだはずなのに…』

『確認したい点がある…。
実は俺たち、雲丸っていう式神の主とひと悶着あったばかりでよ…。
あんたまさか関係者かい?』

『いかにも。同じ主を抱く者だ。その名は相馬…』


冬児の怒りの拳が夜叉丸に放たれる。クールに装っていても、夏目を殺した者の同胞、目の前にして冷静にいられるはずがない。

しかし夜叉丸の力は今の春虎でさえ軽く凌駕するほどだった。

『春虎くん、我が同胞になるのなら、その子を見事黄泉返らせてあげよう』
そう言い残して夜叉丸は姿を消した。



春虎は陰陽庁に身柄を拘束された、取調べを受けているということを報告しにきた宮地。

夏目の霊安室には、大友先生が一人佇んでいた。


『ごめんな、ごめんな、夏目クン…。ホンマ、堪忍やで…』


静かな殺気を放った後、大友先生の姿は消えていた。


『陰陽塾の講師に一人、厄介な人物がいてな…『シャドウ』だ』


『腕利きの陰陽師が一人、陰陽庁に潜入する可能性がある。
その対処を任せたい。『シャドウ』だ…』

かがみんめっちゃ嬉しそうwww

『オレはこの後、陰陽庁に侵入する…。そして、春虎を奪い返す!』

生徒一同で腹を括って陰陽庁に侵入することが決まった。


『…!?』
『何…今の…?』

倉橋さんは天馬に一体なにを見たのか…?

『法師…少し、事情が変わりました。例の借り、さっそく返してもらってええですか』
『僕、ちょっと、これから陰陽庁に殴りこみに行きますんで、付き合ってください』
大友先生かっけええええええええええ 主人公すぎワロタwww



コンちゃんの霊圧が消えた…?
東京レイヴンズ 第二十話 『over-cry -花火-』


夏目が土御門家に伝わる男装のしきたりを教えられたのは中学生になってからだった。


春虎が夏目に会いに来る日も減っていった…。
『この子…昔、春虎くんが好きっていってた…』


『我ながら、よく出来たと思った』
『そうだ、この姿で春虎君に会いに行ったら…』

これ、ひょっとして金剛ちゃんとかカレンたんとかリアル嫁に出来るんですかね。ちょっと陰陽師習得してくる!


馴染むまで少々時間が掛かったが、二人は友達になった。
『ボクは…北斗!!』

そして時間は現在。

『いい天気…絶好の花火日和です…』
OPすっ飛ばし回は何かすごいことが起きる…はっきりわかんだね。


もう女であることが周知なので普通に私服で外を歩き回れるなっつん。はたからみればカップルだ。



頬を赤らめたおにゃのこの「アーン」は大変エロいという風潮。


『強行手段に出るしかない…ボクが春虎を目覚めさせるんだ…!』
あー、これはすごくいらんことしでかしそうなKYクソヒロインの行動ですねぇ…。


そして祭りは始まり、少年少女は戦いの日々を忘れ、休息に身を浸す。


『夏目ちゃん、って呼んでいい?』
倉橋さんから漂う両刀使い臭。

『きれい…』

みなのお節介で春虎と夏目は二人きりに。

『去年の夏、頑張った甲斐がありました』
『何を頑張ったんだ?』
『えーと…絵馬とか』

それは北斗が春虎に向けて「立派な陰陽師になれますように」と書いたものだった。

『春虎くん…私は…ボクは…』

お邪魔虫登場。

『見つけた…ボクはこれが君たちのためになると信じる…』
『君たちは生まれてすぐ、呪いに囚われたのだから!!』


何かこの吹っ飛ばされるシーンの冬児がゲッダンみたいで吹いた。


『土御門春虎…キミは夜光の生まれ変わりだ…!』


ちょwww なんだこのオサレなカラスアーマー?
冬児の鬼武者といい、カプコンのファンなのか?


夏目たちは空へと暴走した春虎を追う。


『春虎くんは元々見鬼だったんだ…!』
土御門家が春虎に封印を施し、夏目が式神の刻印を施すことで春虎の封印が弱まったのだ。

『なら、いっそ完全に…!』


『汝、土御門春虎、すべての封印を、今ここに、解き放つ!』


春虎の封印はとかれ、烏の暴走は沈静した。しかし…。


『春虎くん…北斗のこと、騙して、ごめんなさい…』
『…よせ…』

『私は…あなたが…好き…』



『死んだら…承知しませんから…!』
『夏目…? 夏目……なつめええええええええええ!!』



『あ、春虎くんだ…私の名前を呼んでいる…』



『ほんと、いつもいつも楽しそうで…』


『良かった、ちゃんと好き、って伝えられた…』
『よかったね』
『ありがとう』

『でも、少し怖いけど、春虎くんの答えも聞いてみたかったな…』



コンも空気を読んで次回予告(?)なし…

これアカンヤツや…。
ジョジョのアバッキオや、からくりサーカスのルシール先生のように満足して昇天していく描写そのもの…。
東京レイヴンズ 第十九話 『over-cry -姫-』


局長室に現れた謎の男。
おまえ、トランプとか武(ry


相馬多軌子は倉橋さんを介して再び夏目達に近づく。


『こうしてみんなと一緒に歩くのが夢だったんだ!』
くっ、可愛いけどこの笑顔の裏で天海おじいちゃんを始末したのかと思うと…。


教師を介して、多軌子は土御門本家が消失したことを知る。


『夏目、ボクは土御門夜光と血筋として因縁のある者だ。
だからボクと一度手合わせして欲しい』

夏目の力量を測るため、多軌子は模擬戦を挑んできた。


『どうした、夏目! 土御門の、夜光の力はそんなものじゃないはずだ!!』
『ボクは土御門夏目だ! 夜光など知らない! 知るものか!!』



『キミも…己の運命から逃げるつもりか…?』


多軌子が怪しげな言葉を唱えると、春虎の頬の呪印が疼き始めた。


霊気の暴走を止めたのは大友先生だった。
『随分おっかない式神連れてるやないか』


この男の目、どこかで…?


『ところで京子クンはどないしたん?』
『夏目の正体がバレて仲違いしてるンスよ』
『…正体?』



モジモジなっつんかわいい。
というか、夏目の偽装は生徒達を騙すものではなかくて、より強力な力を持つプロの目を欺くものだった…?


大友先生のアドバイスで夏目は倉橋さんにもう一度謝る決意をする。


CV:キタエリとかいう修羅場製造所。


某いなこんの某墨染さんとか、某trickの登場人物だったら、
「実は女? 一向にかまわんッッッッ」とか言って丸く収まっていたというのに。


『もし、あたしが初恋を諦めないって言ったら、どうする?
その時は正々堂々、あたしと戦ってくれる?』


CV:キタエリの時点で勝負にならないんだよなぁ…。


『夏目さんが女の子…そんなはずが…!?』
『塾長…』


生徒以上に驚く塾長。土御門の矛盾に気付いた…?


『夜叉丸…夏目はきっとボクたちの同志になってくれる…!』

その後、倉橋さんから衝撃的な言葉を聞く。

『夏目が…女の子…!?』
これはきっと、土御門夜光の生まれ変わりが男以外にはありえないという事からの驚きなのだろう。
となると、本物の夜光の生まれ変わりは…?


一人お持ち帰ってもよろしいか!?
東京レイヴンズ 第十八話 『over-cry -強襲-』

一騒動が終わり、寮の屋上で二人は話し合う。

『春虎くん、この一年、あなたが居てくれてよかった』
『まだまだ物足りねーけど、悪くない式神だろ?』



『はいっ!』
かわいい。


でもコンちゃんもかわいい。


翌日の通学路。夏目が女だとバレてしまったから、塾生には好奇の目で見られるが…。


『こないだは大変だったね。まだ男子寮なんでしょ? 大丈夫?』
天馬きゅんはよく出来た男の子やで…。



クラスメイトも実家のしきたりだと理解して、いつもどおり接してくれた。



ただ、倉橋さんを除いて。


倉橋さんは思い出した。
幼い頃、約束を交わした初恋の男の子は夏目ではなく…。


つうかマジレスすると黒髪と金髪なら記憶間違えることなくね? とは思ったがまあアニメだからしゃーない。


そして春虎も倉橋さんの初恋の相手が誰であったか気付く。
過去に積み立てた恋のフラグを今頃になって回収するとは…。それなんてギャルゲ?


倉橋さんと鈴鹿ちゃんの関係すき。
中二病のモリサマーと凸ちゃんのような雰囲気。


鈴鹿ちゃんが持ってきた花火大会のチラシを見て、倉橋さんは決意する。
『鈴鹿ちゃん、ありがとね』

恋の嵐が吹き荒れる中、翌日…。

土御門家の屋敷が全焼してしまっていた。


屋敷に現れたのは十二神将が一人、結び姫こと弓削 麻里。
土御門当主を捕縛しにきたようだ。

『あら、土足で踏み入ろうなんて、随分といい度胸じゃない?』

春虎の養母、土御門 千鶴が土御門家を護る。
『何者ですか』
『あなたの先輩よ。『アキバのラムちゃん』って聞いたことあるでしょ?』

なんか今期アニメうる星やつらネタ多くね?
鬼灯のうりんレイヴンズ。ほかにもあるかも。

(お、ビリビリ女か?)

十二神将にも匹敵するママ虎が結び姫と互角に渡り合う。


さらにはパパ虎も参戦。土御門有利かと思いきや…。

『お、だいぶ煮詰まってるな。ごくろうだったなマリリン』
『マリリンはやめてください、室長』


『マリリン、この辺りの結界を強化してくれないか。
付近の皆さんに迷惑をかけては申し訳ない…』

宮地さんから漂うジョーカーオーラ…。
それだけに戦闘描写がカットされまくってるのが残念でしょうがない。

そして大友先生の元には…。

『わしに勝利しながら、何も見返りがないとは、それこそ芦屋道満の名が廃るもの』
道満は大友先生の助力してくれるそうだ。
陰陽師漫画での芦屋道満は基本的に悪役ばかりですが、この道満はいい奴やね。


そして思案する倉橋さんに相馬が近づく…。
東京レイヴンズ 第十七話 『_DARKNESS_EMERGE_ -髭切-』


双角会の一員だということを明かした江藤さんだったが、
突如暴走したシェイバに斬られ、その命を落としてしまった…。
原作では胴体真っ二つだったらしいね…。


シェイバが引き起こした霊災が春虎たちを襲う!!


なんかこの人横から吹っ飛ばされてばっかだった記憶しかない…。そして作画ェ…。



とりあえず春虎チームでシェイバに逃げながら総力戦といったカンジだけど、
シェイバの動きのアニメ枚数が少なくてカクカク気味だったりして
追跡者みたいな恐怖が全く感じられなかった…。アカン。



春虎の応戦むなしく、シェイバの刃は夏目を切り裂く!!


生徒A『あ、ありのまま起こったことを話すぜ!
や○い同人誌で総受けにされそうな美少年が服剥がされたらおっぱいがついていた。
それなんてエロゲ?』


あと、最近艦これの影響うけて服ボロボロのおにゃのこが大変良いと思うようになってきました!!


『足りない…夏目を守るための霊力が…
どうしてオレはあの野郎をブチのめすことが出来ないんだ…!』

夏目の涙に春虎は自分の無力を感じられずにはいられなかった…。


無力を感じたとき、春虎の中で何かが目覚めた。
『集中しろ…!』



春虎は以前見た大友先生の呪術を模倣する。



騒ぐ元・気・玉 スパーキング!!


シェイバを退けたものの、夏目の正体はみんなにバレることになってしまった。
そして、倉橋さんは以前約束を交わしたのが夏目ではないことに気付く。


『…うそつき…!』

そして舞台は比良多を倒したあとのおじいちゃんパートへ。
長官に呼び出される最中のようだ。

双角会の深遠を探るおじいちゃん。真相に辿りつつあったのだが…。

『やむをえんか…はいりたまえ』


『この少女の正体は置いとくとしよう…
だが、こいつが裏から双角会に関わっていたのは違いない。
そんな奴とアンタがどうしてつるんでいるんだ長官?』


『説明の必要があるかな?』

『全部分かってやってやがったのか! 何人死んだとおもってやがる!!』



『天海さん…お願いしますよ…』

それはおじいちゃんに目をつぶってもらって、双角会に協力しろ、と言っているものだった。
この宮地も同じ穴のムジナだったのだ。


『俺としたことが…女を無碍にしたことは…
生まれて一度もなかった筈なんだったけどな…』



これ、ボロボロの扇子みて何が起こったのかわからなかったけど、
原作組によるとおじいちゃん始末されちゃったらしいです…。

にしても、もうちょっと絵コンテのやりようもあるでしょうに。

折角の主人公覚醒回だったのに、GUN道みたいなクソ絵コンテのせいで色々台無しに…。アカン。
東京レイヴンズ 第十六話 『_DARKNESS_EMERGE_ -神扇-』


『喜べ。俺がてめえらの護衛に付くんだからな』
『なんでてめえが!!』

まあ、鏡さんだから憎まれるのは慣れてるだろうけど、
少年少女たちに満場一致でこんな嫌な顔されたら凹むわ。



オープニングは映像とくに変わらず…。
でも、曲は何度も聴くとなかなか良いスルメ曲ということに気が付いた。


家宅捜索の時間だあああああああ


こんな気の良さそうなオジサンが夜行信者、それもリーダー格だとは。
おヒゲが素敵。


朝食時、春虎は食堂で鏡さんに会う。

『大友の件で聞きたいことがある』
道満を食い止めたのは木暮さんではなく大友先生だと踏んだ鏡さん。


『聞かせてくんねえか。大友とDの呪術戦』
大友先生vs道満の激闘を春虎から噛み締めるように聞く鏡さん。


『なあ、春虎。お前、どうせなら祓魔官を目指せよ。
一端になったら蹴飛ばしてやるからよ』

何だかんだいって春虎の実力と才能は認めてるのね。


『怨敵退散! 怨敵退散!!』
最近コンちゃんコメディ部分と次回予告詐欺コーナーでしか目立ってないよね…。


祓魔局に巣くう夜行信者掃討作戦開始!!


やめて!双角界のライフポイントはもうゼロよ!


双角会と内通していたはずの比良多がリーダー格を射殺してしまった。
二重スパイだったというのか?


『次はオレに代わってもらえるか、比良多?』
『!?』





『流石に気付かれていましたか…いつからです?』
『悪いな。今から質問できるのは一方的に、オレだけだ』
おじいちゃんは最初から比良多の内通に気付いていた…? 有能


おじいちゃんの呪術の前には比良多の術は通用しない。
おじいちゃんつよい。

『…お願いします』

しかし、比良多はめっちゃ強そうな式神を2体呼び出した。


おじいちゃんも式神二体を呼び出して応戦するが、相手の呪術の力はあまりにも強い。



特攻してカウンターで胸を一突き轟沈とか『次峰レオパルドン行きます!(キン肉マン)』を思い出した。


式神同士のぶつかり合いは分が悪いと踏んだおじいちゃんは直接比良多に攻撃を仕掛ける。
『無駄ですよ』


もうひとつ、背後に一枚!! やったか!?


しかし、比良多はさらに一体式神を使役していた。なんやこのスペック…。


おじいちゃん逃げてぇええええ!!
『そこまでです!』
『てめぇ…一体何者だ!?』



勝者の余韻なのか、双角会の内部をベラベラ喋りだす比良多。


(何故だ…何故自分は天海にこんなことを話している…!?)

『比良多…どうした…もっと教えてくれよ…』


(これは…すでに術中!!)


『なあ比良多。そこの扇、取ってくれよ』


『神扇・天海大善…不覚!!』
敵を生け捕りにした上に、情報を搾り取るおじいちゃん、超有能。
芦屋道満といい、東京レイヴンズはじっちゃんアニメだった…?

『最初に言っただろうよ。最初に質問できるのはオレだけだってな』

あ、ありのまま(略) 親方! 美青年がボクっ娘に!!


一方では夏目たちのほうにも夜行信者の手が届いていた…。



『来週は春虎さまがもっと活躍しますように…』
魔人ブウとの戦いにクリリンが割ってはいるくらい無理じゃね?
東京レイヴンズ 第十五話 『_DARKNESS_EMERGE_ -邂逅-』


道満との激闘から明けた日。
春虎はあの出来事を鮮明に思い出し、陰陽師の真意を見出そうとしていた。

OPが変わりましたー。
ま、まあ、前期があまりにも良すぎたから…(震え声)
それにしても未完成なのか、歌い手(笑)とあわせてMAD感がパネェすわ…。


このカット見る限りでは、ようじょ先輩は敵にはならなさそう?


新キャラ続々&倉橋さんのおっぱい&完全にマヨナカテレビ。


春虎たちは崩壊した陰陽塾の代わりに、陰陽庁で修練を行っていた。
今までとは違う、真剣な春虎の眼。


帰りに夏目と二人で改修中の陰陽塾へと足を運び入れる。

『誰か…いる…?』

屋上の祭壇には陰陽塾の制服を着た少女が居た。
『はじめまして、ボクは相馬 多軌子』
ボクッ子の上に、声優さんが北斗とおなじ金元寿子さん。
何か秘密があるのだろうか。


生徒とは思えないほど呪術や陰陽術に詳しい彼女。
一体何者だろうか…。


翌日、多軌子の助言で土御門夜光について陰陽塾の図書室へやってきた春虎たち。


しっぽが性感帯!!


『早乙女…涼?』
気晴らしに大友先生の卒業アルバムを見ていると、どこかで聞いたことのある名前が。
鈴鹿ちゃんが以前言っていた陰陽術の研究者のエキスパートの名前だ。


翌日、通学路で情報を共有しあう中、幼女先輩が現れた。


『息災で何よりじゃ。あれから少しは…』
『シャラップ(ガシッ)』


この見覚えのある赤眼鏡は…?


鏡さんとその式神シェイバ。普段は温厚そうな風貌だが、獲物を前にすると鏡さんより凶悪な表情に。

そして大友先生のお見舞いにやってきた春虎たち。

鈴鹿ちゃんの看破により、大友先生は元・十二神将だという事が判明した。
称号は『黒子』。
まあ、実際鏡さんや木暮さんより有能っぽいからそう驚くことではないね。


『相馬 多軌子』の名前を出してみるが、大友先生はそんな名前の生徒は知らないという。
『それじゃあ、この人は知ってるんじゃないかな…早乙女涼…』
大友先生も良く知ってる同期だったようだ。


『涼…すず…そういや、(幼女)先輩もすず、だったよな…』


『喜べ、スーパーVIP待遇だ。何せ、俺様がお前らの護衛に付くんだからな』
むしろ鏡さんのほうがめっちゃ嬉しそうなんだよなぁ…。


『現時刻より、陰陽庁ならびに祓魔局による、双角会掃討作戦を開始します!!』
むしろ真横にむっちゃ怪しいやつが。
東京レイヴンズ 第十四話 『Black Shaman ASSAULT -術比(じゅつくらべ)-』


今週はOPもEDもないのね。実質3分くらい尺が伸びるわけだけど、スタッフさんお疲れ様です。


道満の襲撃に避難する生徒たち。


しかし、道満の手は既に塾の内部に入り込んでいた。



レッツパーリィの時間だああああああああ


春虎も初期の頃より成長しており、雑魚ぐらいなら敵にならないくらい成長していた。
しかし、鈴鹿ちゃんはそれをさらに上を行く。


『すげえぞ鈴鹿!』
『ヘン! 十二神将をナメるなっつーの!!』
『さすがだな! 惚れちまいそうだ!!』
『!! ほ、ほ、ほ…!』


(ギラッ☆)


『ばっ、ばばば、バカじゃにゃいのッ!? 
いきにゃしにゃに言ってんのよ、このバカ!!』
かわいい。


屋上に行くと理事長が待っていた。結界を張り、道満に備える。


『封印が緩いのう…』
あっさりと結界を破られる。ピンチ!


『北斗ォ!!』
緊縛趣味はないですが、あっちの女の子のほうの北斗ちゃんが縛られてる姿を想像すると興奮する(ゲス顔)

現段階で切り札の北斗までも封じられてしまった…。


『ええトシした爺さんが、子供のモノ欲しがってどないします?』



大友先生キター!!

『法師、再びお目にかかれて光栄です。
僕のこと、覚えてらっしゃいますでしょうか』


大友先生の片足を奪ったのは道満だったのだ。


強固な封印だったはずの鈴鹿ちゃんの封印をあっさりと解く大友先生。


『夏目くん、キミの龍、取り戻すで』
これはホレますわ。



巧妙な駆け引きで北斗に掛けられた戒めを解くことに成功!!



『カンベンしてほしいわ。僕の十八番はハッタリと嘘と小技の応酬なんやけどな』
こういう作中最強クラスの能力を持ちながら、ジョセフ=ジョースターのような策略まで張れるとか大友先生マジチート。




この指の形、なんかキモイ…。




大友先生の全身全霊を賭けた攻撃も道満にトドメを刺すには至らず…。力を使い果たしたような白髪が痛々しい…。


しかし、大友先生は街中に結界を張っていた。地脈の力を借りた大技、成功するか!?


『だから、足りぬとゆうたぞ…。しかし、ここまでワシを追い詰めるとな…』


『ご心配なく。僕、元は呪捜官でしてね。
人相手ならともかく、霊災相手とか、正直苦手なんですわ』



『餅は餅屋といいますし、とっておきのエースなんで、存分に味わってください』

木暮さんおいしいいいい!!


(お、スパロボの必殺技カットインか?)
しょぼい武器で道満攻撃したら、下に『A.Tフィールド』とか出てダメージ無効化されそう。


ハイパーオーラ斬りだああああああああああああああああああ☆


『勝者には色々答えてやらんとのう…』
道満生け捕り成功! 彼から色々な情報を聞けると思ったのだが…。


なん…だと…。


『まさか大友陣がこれほどの使い手とは…』
『今回は芦屋道満の口を塞いだだけでもよしとしましょう…』


道満は中ボスにしか過ぎなかった…?


この見覚えがある部屋に、祭壇は…?


『せめて、幼女が出てきますように…』
ラスボスは幼女先輩なのか…?


『ジャン、ケン、コン☆』
まったく反省していない上に、国民的アニメをパクるコンちゃん。許せる可愛さ。
東京レイヴンズ 第十三話 『Black Shaman ASSAULT -法師-』


怪しげな施設に引きこもる道満とその元を訪れる角行鬼。
散らばるお札がスランプ状態の漫画家みたい。


オープニングには変更なしな模様。
まあ、秋期NO.1オープニングと言われているこのOPを無理に作り変える必要もないし、1クール目以下だったらテンション落ちるもんね。
そこをいくと灼眼のシャナは全OPが神という奇跡ぶりだった。


『春虎っ!』
久々の北斗ちゃん回想で登場。かわいい。

『どうしました? 春虎くん』
だが、なっつんもかわいい。


確信はないが、春虎はようやく北斗=夏目かもしれないということに気付き始める。


『私、春虎くんに嫌われちゃったんでしょうか…』
♪じれったい~ お前らの愛が~ うざったいほど痛いよ~♪(by冬児)


倉橋さんが百合要員に。
『もう~、ツンデレちゃんなんだから~♪』


いつもはみんなと一緒にいるはずの天馬は雨の中一人岐路につく。
両親が陰陽術の開発に携わった人物のようで、みなに比べてなかなか芽が出ない現状に不安を感じているようだ。
天馬きゅんも大変やね…。

そして陰陽庁の重鎮が集まる会議シーンへ。

こういう実力者の一気紹介シーンすきよ。
つうか普通にオッサン多いな…。


\               ¦         /
  \             ¦        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /     _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \          /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       <   バーカ!  >
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |
  --- ‐   ノ           |
          /            ノ        ----
         /           ∠_
  --   |    f\      ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    - _
.        |  |            /  /
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'    \
      /   /             |  /      \
   /_ノ /              ,ノ 〈           \
    (  〈              ヽ.__ \        \

     ヽ._>         \__)


春虎と夏目、薄い壁を隔てて同じ悩みを持つ二人。


春虎に比べ薄着のなっつんがどうみてもソロ活動したあとにしか見えないんだよなぁ…。


で、でたー! ラブコメの引きのばし手法の定番、『友達以上恋人未満』www


『それは青春という名の乙種呪術ね』
幼女先輩きましたー。

『わたしは涼(すず) 幼女先輩と呼んで』

幼女と呼べるほど幼女じゃないんだよなぁ…。

『道満、動いたか…』

そしてついに始まる、芦屋道満の侵攻!!

『さて、始めるかの…』


『これからは予告をちゃんとつたえるべく、初心に戻り…』

       iイ彡 _=三三三f           ヽ
        !イ 彡彡´_ -_=={    二三三ニニニニヽ
       fイ 彡彡ィ 彡イ/    ィ_‐- 、   ̄ ̄ ヽ     し  ま
       f彡イ彡彡ィ/     f _ ̄ ヾユ  fヱ‐ォ     て  る
       f/ミヽ======<|-'いシ lr=〈fラ/ !フ    い  で
       イイレ、´彡f        ヽ 二 _rソ  弋_ { .リ    な  反
       fノ /) 彡!               ィ     ノ ̄l      .い   省
       トヾ__ら 'イf     u    /_ヽ,,テtt,仏  !     :
       |l|ヽ ー  '/          rfイf〃イ川トリ /      .:
       r!lト、{'ー‐    ヽ      ´    ヾミ、  /       :
      / \ゞ    ヽ   ヽ               ヽ /
      ./    \    \   ヽ          /
   /〈     \                 ノ
-‐ ´ ヽ ヽ       \\     \        人

『シュッと刺して捻るッ!!』