本日:
昨日:

TOPへ戻る
食戟のソーマ(その1)
食戟のソーマ 第二十四話 『戦士たちの宴』(最終回)

葉山の香りの爆弾炸裂!
彼女だけ歳を記載する必要があるんですかね…。

『葉山くん。あなた私のものにならない?』
『俺は潤のために戦う。それだけなんで』

ロリ巨乳ババァ最高や!

にくみちゃんと榊さん、アウトー!

そしていよいよソーマの番。出てきたのはオムライス?


『このカレーは波状攻撃…味のコンビネーション連打!』
『二人ともがそれぞれの武器スタイルを全力で撃ち合っている!』

褐色肌白髪頭でスカした性格の中の人が諏訪部順一さんなのにランサーとはwww

一点足りませんでしたー。

『秋の選抜予選、お祝い&お疲れパーティーを開催しやーす!!』
美作ンゴ…。っていうかこれ、4位は丸井くんか伊武崎どっちになったんだろう。

『選抜本戦では私が恵の応援団長だかんね!』

吉野ちゃんの可愛さはもっと評価されるべき。
されるべきなんだけど、メインヒロイン5人があまりにも強すぎる上に、新キャラの竜胆先輩までもが可愛いという層の厚さ。

『葉山くぅ~ん、世界を変えちゃうかもぉ~…』

(潤…俺は本戦でも勝ってみせる。俺を見つけてくれた…潤のために)
本選を待たずして、葉山がデレてしまった…。これは二期は絶望なんか…。

結局秘書子ちゃんがメインヒロインに昇格するスタジエール編はないじゃないですかやだー!

貞塚さんのキチ可愛さももっと評価されるべき(以下吉野ちゃん同文)


食ってないのに妄想だけでイッちゃってるじゃねーか!

『全部創真君のおかげなんだよ。創真君がいてくれたから私ここまで来れたんだ』
田所さんメインヒロインの佇まいキター!

『田所の料理いいよな。気持ちがあったかくなるっつぅか。俺好きだよ』
え、何だって?(難聴) キムチでもい…あ、料理の話でしたか。


『にくみって呼ぶんじゃねぇ! 私のことにくみって呼んでいいのは…///
あぁ^~、にくみちゃん乙女なんじゃぁ^~

『おーしっ、景気づけに俺も一品作ってやるか』
『あれはゲテモノ料理に挑む目!』


『おあがりよ』
『もう~、やんだぁ~!!』
触手とヨーグルトが合わさって最強にみえる!



お疲れ様でした!

久々のジャンプ原作アニメを見てみましたが、大変良い出来だったと思います。
tosh先生の絵を動かすのはスタッフ大変だったろうなぁ…。
一番良かったのは、イベントが起きるまでモブに毛が生えた程度だった秘書子ちゃんの作画が
アニメではメインヒロイン格にブラッシュアップされたことだよね! それだけにスタジエール編がなかったのは残念です。

二期はやりそうにない雰囲気だけど、期待してまってます!
食戟のソーマ 第二十二話 『日常を越えるもの』

北条さんは常にチャイナ服着てたらもっと人気出てたと思うんだ。

あぁ^~、吉野ちゃんかわいいんじゃぁ^~
どうでもいいけど吉野ちゃんは胸のサイズの作画の変化が激しい。基本的には田所さんとならぶひんぬーキャラなのに。


ギャル曽根?(乱視)

今週、麗ちゃん女性陣で一番喋ってるんだよなぁ…。キャプ翼とかキン肉マンにおける実況ポジションのなんとオイシイことか。


兄弟仲良くやっていきたいならタクミはイサミの太ったり痩せたりするヤバイ体質をどうにかしてあげようw
マジで内臓の病気を疑うレベル。

腹黒麗ちゃんいいゾ~。

アリスは強者オーラふんだんに漂ってるけど、正直料理が奇抜すぎておいしいそうに見えないという…。

田所ちゃんのターン!
たてセタがあざとい。


ソーマをはじめとする多くの仲間との出会いを受けて…。

田所ちゃん…始まったな…!

●秘書子ちゃんと麗ちゃん、何故差が付いたか…。やっぱ料理漫画だからちゃんと料理しないとイカンよね。
秘書子ちゃんは秘書→女騎士属性→眼鏡っ子属性とナチュラルにあざとい属性を増やしつつあるのだ。


貞塚さんは白黒バージョンをもっと使い分けられたら人気が出たかもしれない。
それはそうと最近ブラッドボーンとかサイコブレイクとか貞子人気すぎじゃね?


●この田所さん、一人くらいお持ち帰りしてもかまいませんかね…?
そして榊さんは胸を露出させないと死ぬ病気にでもかかっているのか。


おっぱい! 秘書子ちゃんが女騎士としたら、北条さんはアマゾネスみたいやね。

小学生の教科書の落書きかよw なおこのあと盛大な手のひら返しが始まるもよう。

よく考えるとロリババァ巨乳メガネドジっ娘とかいろんな要素詰め込みな潤さん。

秋の選抜開始! リバウンド王イサミw

北条さんのアホ毛一体どうなってるんだ…。


●川島麗ちゃんが料理してるところか見たことなんだけど、料理にも特に興味なさそうだし一体何故遠月学園にやってきたのだろうか。


アホ毛がすっごい北条お姉さま!
丸井くんのダークホースオーラはもっと持続させて欲しかったなぁ…。

巨乳ロリババァ最高や!

葉山は最初のほうはやたらフレンドリーだったなぁ…。まあ、自分の絶対的な自信を見せつけたかったというのもあるが。
声が中井和哉さんだったら性悪褐色イケメンキャラ(ゴッドイーター・ソーマ 血界戦線・ザップ)スリーカードだった。

(幸平くんが…私を見てくれてた…! わーい!)
なお異性としては全く見ていないもよう。


それにしても、ソーマも罪な男やねぇ…。ヒロイン争いに倉瀬さんの勝率は限りなくゼロに近いのに、
私にもまだワンチャンあるやんけ! とか意識させること言うなんて…。
食戟のソーマ 第十七話 『官能の唐揚げ』

お久しぶりの倉瀬さん。

触手ゲソを思い出す倉瀬さん。手の位置が怪しい。

『また幸平の事考えてたんでしょ?
だから中学のうちに告っとけって言ったのよ。高校別になるのが分かったときにさぁ』


『あれ、倉瀬じゃん? おひさ!』

たちまち商店街のみんなに囲まれるソーマ。
『「食事処ゆきひら」ちょこっと再オープンだ!』


(中学卒業してからまだ2か月くらいしかたってないのに
ちょっと大人っぽくなったみたいだし)
(なんだかもっと遠くなっちゃった気がする)

すでに正妻ポジション争いに諦めがついてそうなこのセリフ。
田所さんとキャラ被ってるからしょうがないね。

『なんか妙に人通り少ねぇな。この時間帯だったら普通もっとにぎわって…』
『実はね。ちょうど1か月前駅の商業施設がリニューアルオープンしたんだ』
『中でも特に評判なのが唐揚げ。これがほんと美味しいらしいんだ』


『せぇ~の! 10点満点の10点です!』
このレポーターやけに棒読みかと思ったら原作スタッフのひとり、森崎さんの声だった。ほほえまC。.

『新作唐揚げでお客を奪い返して商店街を復活させてやろうぜ!』
『「私も何か幸平君の力になりたいけど、私なんかなんの役にも立たないよね。
でも…うぅ~」という顔をしている。なんて分かりやすい…』


『ねえ幸平。味見役がいた方がいいんじゃないの?
この子部活入ってないから暇だし、味を見る目も間違いないよ!』


特に理由のない腹チョップが少女を襲う----!!  食後にボディはアカン。
『頑張ります!』
『おう! んじゃ悪ぃけど頼むわ倉瀬』

ラブコメヒロインにはおせっかいの友人キャラがつきものだが、倉瀬さんはヒロインにはなれんし、この作品はラブコメじゃないから…。

(知り合いで肉に知識がありそうなやつは…)

『あっ』
この思い出し方ひどくね?

『ったく誰だよ?人がのんびり連休を満喫してるときに』
連休を満喫→丼ものの研究に余念がない。

『おお~にくみ? 幸平だけど』

『急いで唐揚げの新メニュー考えなきゃいけなくてさ。
今俺実家にいんだけど、こっち来て手伝ってくんないかな?』
『幸平のうち…し…しかたねぇなぁ。めちゃくちゃ忙しいけど行ってやるよ』

にくみちゃんウキウキでワロタwww

(緊張するなぁ…ちゃんと役に立てるかな…)

『ここ、幸平創真の家だよな?』
痴 女 襲 来

『おお~にくみ! 来てくれてあんがとな。
あっこいつは中学んとき同じクラスだった倉瀬。味見役を頼んだんだ』
『こいつは肉のエキスパートなんだ。にくみって呼んであげてくれ』


『敵情視察といきますか!』



丼Tシャツwww 小西先輩からの貰い物としか思えん。

(別に幸平のうちで二人きりとか想像してたわけじゃねぇし!
新メニュー考えるために来ただけだし!)


(水戸さん…女優さんかモデルさんみたい。こんなセクシーな人初めて見た)
(高校生ってすごい! 私なんかと全然違う…)

えりなさまはもっと凄いんだぜ…。

(この女、幸平の幼なじみとか言ってたけど
あいつこういうタイプがいいのか? そうなのか!?)


(はっ! まさか水戸さん幸平君の彼女さんとか!?)
『何見てんだよてめぇ!』

こういう正反対の性格のキャラは後に仲良くなる展開だが、その役は田所さんが担うから…。

(二人とも初対面だし、ここは俺が二人の間にいい感じに立つべきだなぁ)
修羅場の業火の真ん中に立っているのにどこ吹く風www

唐揚げ1個150円とかTAKEEEEEEEE!!

『そないコソコソせんでも、堂々と並びはったらええやないの商店会長はん』
『どうです? お一つ試食でも』


『一応こっちは敵情視察なんだけど』
『かまへんかまへん。どうせおたくらじゃ作れるわけあらへんからな』


『んじゃあ、もしもここの唐揚げよりも美味しいものを
うちの商店街で作れたら「もず屋」さん赤っ恥っすね!』


『口だけは達者な坊主やなぁ…粋がり腐んなや、ボケがぁ…!』
煽り耐性低すぎィ!

家に帰って早速試作!

『油断するな。関東圏で「もず屋」ブランドはまだ定着していない。
何かまずい兆候があったらすぐに知らせろ』

杉田ァ! 生きとたんかいワレェ! 杉田ボイスだと叡山先輩が急にイイ奴キャラに思えてしまう不思議。

『念のためそいつの動きには注意しておけ。報告を怠るな。いいな?』
『ちっ! 粋ったガキの多いことやわぁ』

顔芸すごwww

『休日でも学生が通るんだなこんなにたくさん』
『部活帰りの中坊だな。この辺学校多いしさ、高校や大学もいくつか…』


(商店街らしさを活かす…とか!)

『そうだよ!頭固くなってたわ!
何も相手の土俵にのることはねぇじゃん!』
『唐揚げを最も美味く食わす方法…
この戦を決める勝負の軸を俺たちが作ってやるんだ!』



あれ、秘書子ちゃん出てたっけ…と思ったらにくみちゃんとのクレジットミスだった。
まーたスタッフの秘書子ちゃん好きが露呈してしまったのか。


一色先輩が…服を着ている…!

●実際プロの料理人はこんな抜き打ちでもあんなにすごい料理作れるものなのかね。
無限の組み合わせの中からの発想力がすごい。


田所さんは髪下ろすとグッと大人っぽくなるのだ。


そういやキャストのとこに秘書子ちゃんメインヒロイン枠で入ってるんだよなぁ…。
秘書子ちゃんがメインになるのはスタジエール編からなんだけどそこまでやるのだろうか。

●ガチレズアイアンクロー喰らいおばさんと、
ぐうかわアイアンクロー喰らいお姉さんは別人(いずれにせよ四宮先輩にアイアンクローは喰らいます)

食戟のソーマ 第十四話 『メタモルフォーゼ』

ソーマが選択したスフレはビュッフェ形式には合わない! どうする?

『ようやく君とお別れね。タイムアップまで私の美しい料理を眺めておいでなさい』
えりな様勝ち誇った顔がホント似合うな。


卵料理(いくらくらいしか使ってない)
これ卵の中身全部吸い取ってからミルクセーキ入れてんの? 手間かかりすぎやろ。

ソーマの窮地を心配するヒロイン二人(タクミ含む)

『いいか創真。厨房でパニクったら状況の整理だ。
やるべきことを一つ一つイメージしてそれから動いてみな』



『ふぅ…ギリギリだな』

ようじょキター!

『ほれほれ、見ててごらんお嬢ちゃん。今からこの卵に魔法をかけるよ!』


なんかようじょの作画が原作よりいいような気がする…。
ようじょには特に興味がないtosh先生と興味津々なアニメスタッフの嗜好の差が出たとでも言うのか。



理不尽に露出度高い服を着せられる田所さん。

葉山のオリジナルカットキター!

原作よりコンロの数が多くなって、動きが激しくなってる。


『まるで華やかなショーを見せるように幸平は客の心を惹き付けている!』

こいついっつもいっつも燃え尽きてんな。

《幸平創真200食達成!》

やったぜ。

そしてまたちょっかい出しに来るアリス。
『まだ名乗ってなかったわね。私は薙切アリス。
えりなとはいとこ同士。5歳まで一緒のお屋敷で過ごしていたの』



せっかく作ってくれたケーキを「不味い」と一蹴する空気を読めないえりな様サイドに大いに問題がある。

『幸平創真くん、始業式では大きなこと言っていたけれど
職人芸がもてはやされる時代は終わったのよ』


『でも失敗したっていう経験を得た』
クソ料理フェチでもあるから、失敗しても喜べるソーマくん。

いよいよ合宿の最終プログラム。

『ここまで生き残った628名の諸君に告ぐ! 
宿泊研修の全課題クリアおめでとう! 存分に楽しんでくれ!』

一学年で628名とか多すぎなんだよなぁ…。


あぁ^~、吉野ちゃん可愛いんじゃぁ^~


『創真君どうかした?』
『いや。この学校思ったより面白ぇかもなって…』




えりな様ブランカかよ!