本日:
昨日:

TOPへ戻る
テラフォーマーズ 第十三話『TERRA FOR MARS 彼方と此方』(最終回)


『デイビス副長! 俺の能力を使えば…』
『休んでいろ、ジャレット』


『同じ人間なのに、艦長や副長の計画を利用している
奴らなんかに負けたくないんです!!』
『そうだな、ジャレット…。頼む、奴を倒す!!』


『すまなかった…俺がついていながら、シーラを…』

お前ら敵のド真ん中で青春ごっこやめーやw

イルカさんショーターイム!

『いました副長!俺の真上…』
『ああ、聞こえたぜ…生まれつき耳はいいんでね』

ジャレット「」

ミッシェル兄貴の唾吐き攻撃つえええええええ

ジョセフさん活躍しないまま終わりましたー。


オケラさんはそのうち考えるのをやめた。

『てめぇら…一回で分からないなら何度でも言ってやらぁ…』
『地球を…舐めンなよ!!』

すごく…『俺たちの戦いはこれからだ!』です…。


『地雷オッケエエエイイ!!』
むしろアニメ化したことが地雷なんじゃないですかね…。

お疲れ様でした!!
あの『進撃の巨人』に匹敵する原作の勢い、アニメ化が決定したときは同等のものになると思ってましたが…。
どうしてこうなった。

まあ、なんというか、終盤はともかく、序盤のテンポがクソやったね。
火星と地球のバーに切り替わるシーンが頻繁にあったけど、バーに切り替わるたびに天井扇が10秒くらい回ってたカットでは、
アニメ見てなんで「Now Loading…」で待たされなアカンのかと閉口してました。
アドルフさん愛はそれなりに伝わったけど、3話までに分けてしなきゃいけなかったのかなぁ…。
結局話題になったのは●規制くらいなものでした。

原作レイプというアニメを久々に味わわせてくれた作品でした。
テラフォーマーズ 第十二話『SHOOTING STAR 軌道と無軌道』


Gに移植されていたカイコガの能力は、小町艦長の幼馴染みの能力だったのだ。


完全勝利ィ!

『今、空でなにか…?』

以下ドリフ大爆笑のテーマ禁止。

『マジかよおい…こんな時に…』
Gがファイアーエムブレムやスパロボの増援みたいに沸いて出てきてワロタw


『おとといきやがれ…だぜ、メジャーリーガー!』


『命中。次! 今助けるぞ、イカ野郎』

『まさかアイツ俺が変身してる前提で投げてねぇか!?
あのタコ野郎!! …ぜってえええええ…!』


『…キスしてやろう(真顔)』

\               ¦         /
  \             ¦        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /     _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \            /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       < おことわりします!>
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /             \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |
  --- ‐   ノ           |
          /            ノ        ----
         /           ∠_
  --   |    f\      ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    - _
.        |  |            /  /
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'    \
      /   /             |  /      \
   /_ノ /              ,ノ 〈           \
    (  〈              ヽ.__ \        \
     ヽ._>              \__)
アレックス・K・スチュワート
マーズランキング12位


やきうのじかんだああああああああああ(大体あってる)


アッカリーンとミッシェル兄貴到着!!
テラフォーマーズ 第十一話『BOXER ボクサー』


『ハリオアマツバメ。それは時速350キロをはじき出す雲の上の、いっだてんっ!!』
解説ウキウキでワロタw

加奈子ちゃんゲットだぜ!

『おう、時間稼ぎご苦労』
ヤッターカッコイイー(ラーメンマンAA略)

鬼塚慶次はボクサーである!!

『ここから見る景色が好きだから…
あまりに地味、あまりに囁かな原動力…それがこの男』


そして、その積み重ねがついに頂点へと届く。

母親は病床に伏せていた。

慶次が戦う理由。それは母親に自分の晴れ姿を見せることが大きな部分だったに違いない。

次の階級のチャンピオンを目指そうとした矢先の事だった。

『母ちゃん…俺、網膜剥離かもしんねぇ…』

ボクサーの道を諦めた慶次は島でひっそりと働く道を選ぶ。



『母ちゃん…ただいま』
おかん…゚(゚´Д`゚)゚

『鬼塚慶次さん。あなたの力が必要です』
ミッシェルさんが敬語使ってるだと…。

『もう無いんだ。俺の戦う理由…なくなったんだ…』

慶次の網膜剥離の病状は進行していた。島の風景ですらもうまともに見られないほどに…。

『ひとつ条件っていうか…ベースとなる生物は選べるのかい?』

『もし選べるのなら、その中から一番…』
『パンチ力か?』
『目がいいやつにしてくれ』


『今俺がお前に拳を向ける理由は二つ…』
『できたばかりの素敵な友達を守るためだ。
もうひとつは…ただの…変えられない俺の生き方だ!!』

ドイツ班『ちょっと日米合同班に戦力偏りすぎてんよ~』

モンハナシャコVSクロカタゾウムシ!!

(誰かを守るために戦うというのが、こんなにも誇らしいと…だから母ちゃん…)

┌ぜん──┐
│ 3:34 |           _人人人人人人人人人人人人_
└ー───┘          >                   <
┌ー─────‐┐  r‐w┐ >   けいじくん          <
│ とんかつ  0 │ dニHニb >    ふっとばされた!    <
│ もうほう  0  |  /ト ニ イ、 >                   <
└ー─────‐┘ l_」、閂/,」  ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
               `´  ̄ `´

『まてよ…まだ早いだろ…10秒…』


あくまでも自分のために戦っていた慶次だったが、その名前は多くの人に知られていた。



『ただ打ち合うのがケンカ、打たせないのが格闘技。
そして打たれても10秒以内に立ち上がるのが…ボクシングだ』


『やっぱりKOの気分ってのは…悪くはないよな』
やきうでいう本塁打みたいなものだもんね!
テラフォーマーズ 第十話『DESIRE 願い』



やったか!?(フラグ)

『班長! はんちょう…!』
『濡れると…危ないって…言っただろ…』

こんな時までエヴァちゃんの身を案じるアドルフさんホンマイケメンやわ…。

おや…? Gのようすが…?


Gのボスらしきもの復活!!
つか進化したとはいえ、Gに血流みたいなものあるのか?

『じょうじ!』

満身創痍のアドルフさんに銃弾の雨が降り注ぐ!!

『俺は…こいつらを…護る!!』
『そうしたら…今度は…もう、嘘をつかないで生きよう…』

電磁バリアでなんとか凌ぐも…。

これGやなくて原始人並みの知能やん…。


『こんなになっても…戦ってくれた…アドルフさんを! お前らなんかに渡すかぁ!!』

ピッ ピッ ピッ…。
突然鳴り響く機械音。異常な程に恐れるGたち。

アドルフの体には自爆装置が埋め込まれていたのだ…。


『一緒ですよ、アドルフさん。私たち、血よりも固い絆で結ばれた家族です---------』


『班長…3時の方向で何か…』
『ドイツ…? アドルフ…まったく、どこの国も…勝手しやがる…』

このあと、アッカリーンが「アドルフさんは生きている」と言ったセリフがまるごとカットされてるね。

『アドルフ・ラインハルトの家族ですが…給与の件で…』
『そのようなものは在籍しておりません(ガチャ)』

クソ嫁逝ったああああああああああ

『アドルフたちには期待してたんだがな…まあ仕方ない、もう一つの研究に賭けよう』
アドルフさんには弔いの言葉ひとつもかけず…。
そもそもアドルフさん以外非戦闘員にしたドイツ班の振り分けがアカンかったやろ…。イザベラさん? 知らん。


あれ、いきなり小町さんたち穴の中にいる…。色々はしょりすぎ。
『さっきのも、この二体も…あんま喋ったことない隊員(ひとたち)だったからよ。だろ? ゴリラ』がカットされてるとは。

⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン
加奈子ちゃん! なんて空気抵抗のないお体!!

『日米合同一班にはまだあいつらが居る』
『マーズランキング15位の三条加奈子と…あの、鬼塚慶次がよ!!』

ドイツ班にもうちょっと人材分けて上げられなかったんですかね…。
テラフォーマーズ 第九話『TOO SAD TO DIE 雷雨の一粒』

『脚か頭、どっちからがいい?』

【インドネシア原産:リオック 脚力:強靭 気性:非常に獰猛】
(活躍するとは言ってない)


ワンパンwww
つうかアニオリ展開でイザベラ姐さんがGに無双してたシーンあったけど、このGと何が違うわけよ?


おう、アニオリで執拗にNTR展開クローズアップするのやめーや。
スタッフの趣味か?


なんかすごそうなGが車に乗って到着!!

『エヴァ! 早く班長を脱出機に! ここは俺らが!!』

エヴァちゃん何の役にもたっとらんやん…。というかドイツ班の無能さが酷い。日米合同1班2班にはメインキャラ格4人ずついるというのに。


悟空ーーーーーーー!!!!! はやくきてくれーーーーーーー!!!!!

AEDでアドルフさん復活!!

『そこを…退け!!』
あれ、このセリフのシーン漫画だったらめっちゃかっこよかったのにアニメだとあっさりやね…。


ダイの大冒険のヒュンケルにライデインかましたシーンを思い出した。
なお
テラフォーマーズ 第八話『DER ZITTERAAL 電撃生物』


アニオリ展開のイザベラ姐さん無双!!

『待ってな、いい子で!』
姐さんイケメンすぎる…。



『残念だな、その筋肉…G野郎じゃなきゃタイプなんだけど』
わふー! イザベラ姐さんものうみそきんにくなのですっ(>ω<)


???『電流なら生まれた時から浴びてたぜ 家庭の事情でね』


その後アドルフさんは一般人のように大学へと進んでいった。



『いつか母さんが告げたのを覚えている…。
父さんに出会ったように、幸せになれと…』



『そう思っていた…』

不倫の時間だあああああああああああああ

ダイレクト不倫描写というアドルフさん苛めのアニオリ展開…。
原作ではそれらしい空気を匂わせるだけだったのに。


『赤ん坊の遺伝子を調べてみた。
お前の遺伝子は何一つ引き継がれてないということだ』


『もしもし、俺だ。ああ、愛してるよ…』
(愛しているとは言ってない)
でも、人間らしい人生を送ってこなかったアドルフさんに、
初めて人間らしい人生を与えてくれたのだから、きっと彼はそれで満足してしまったのだろう…。

『こい…! 殺してやる…!』
テラフォーマーズ 第七話『CRAB 猛士』

『糸…燈が助けてくれたのか』


『ったく…撤回するぜ燈 お前はいい部下じゃあない…』
『「いい男」だ!』

            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    や ら な い か ?
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

阿部さんが\アッカリーン/に目をつけたようです。


『私はそこの岩陰で着替えてくる』
お前ら双子かwww

『八重子頼む…! せめてそっちをむかせてくれ!』
『なりません! 班長命令です!』

『五千…! 出そう』
『なッ…!フ…フン それっぽっちで大和撫子を買収できるとでも!?』
自分で大和撫子とか言うなw

『五万だ』
『あ あれェ~? 目にゴミが…』
八重子ちゃん安い女すぎィ!

今週はロシア隊メイン。つうかこのペースだと中国チーム出ないんじゃね?

『責任者を出す気がないのなら…お前から死ね』
アシモフさん腕が生えたー!



『敵は10匹! こっからはサインAだ!』

『イワン! 終わったか? …! テメェ…!』
うわああああああああ(棒読み)

●がない…だと…? さすがにスタッフもあの騒動(?)で反省したのか。

じょうじ じじょ…っ「なぁイワン」』

『どんな夢見てると思う?』
フェニックス幻魔拳!!
そういやあっちでも生首になった一輝が元気に喋ってたなぁ。

『もしかしたら宇宙人の子供に指のキズを治してもらうユメかも』
イワンのこのジョークすき。


うわあああああああああああ
こっちのほうこそ規制いれなアカンレベルやろ!
『…俺はなゴキブリ共…娘がU-NASAの病棟にいる…
あの子が帰る祖国を護る!!』

じょうじ「おそロシア」

『筒を…持たせて下さい…オレに…』
そういや、少年ジャンプの読み切りで、姉のほうも幻覚植物をベースにしてたような
匂いがあったんだけど、結局分からずじまいなのだろうか。

中国\(^o^)/オワタ しかし…。



『話には聞いてたけどこんなに地球みたいにしっかり降るのか』
ハゲ『酸性雨が心配だぜ…』
何を心配するんですかね…。



『うーん…大トロ? 時価? いいわよー好きなだけいっちゃってよー…』
こんな状況でもアホな夢見られる八重子ちゃんはある意味すごい。

数千の大群で押し寄せるG!
そしてアドルフさんは…!
テラフォーマーズ 第六話『2 MINUTES 二分間』


アッカリーンのベースは蓑虫! そういやわたしが子供ころはよくみかけたけど、確かに最近はさっぱりみないね。

『ところでみんなはさ…バンジージャンプとか割と大丈夫な方?』
『無理無理 絶対無理』

『多少イケメンでも無理!!』
名言キマシタワー

ミッシェルさんのおっぱいをガン掴みだと…。

(今まで生きてて一つも良い事なかった)
(男だってブサイクと悪いイケメンと悪いオヤジしか会ったことなーい!)
八重子ちゃんマジ天使! なお素体となった生物は(ry


『諦めるのが早ぇぞ、ヤエコ』
いいイケメンおったやん!



なんか女子高生にプロレス技かけてもらうメイド喫茶みたいなのがあったのを思い出した。


『多分…お前よりバグズ2号のバッタだったやつの方が強い!』



『「慣性の法則」!…だよな? これたぶん』
『理科は覚えなきゃいけねー事いっぱいあるよなぁ…国語と違って』
なんかジョジョっぽい言い回しとフィニッシュ。


『1867年に突如現れた人類最初の魔球「カーブ」と、それを支える「マグナス」効果だ!』
アレックス君! ふぁりでゅ君とツイッターで熱く語ろう!
テラフォーマーズ 第五話『EXCEPTIONAL TWO 奇跡の子』

アシダカ軍曹TUEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE

今週はめっちゃ回想回、はっきりわかんだね。

『誰よりも…幸せになって欲しかった…』

『サンプルは生け捕りが望ましい。あとで息のあるやつを確保するぞ!』

『逃げんなよ、G野郎!』

ミッシェルさんのあべし拳!
そういやこの爆弾蟻、人間に移植したらその人自身が自爆するとか考えなかったのか…。


(自然に変異する時は、
自分の中のヒトじゃない部分に振り回される様な感覚なのに…薬を使うと――)
(まるでいま蛹から羽化したかの様に周りの世界がハッキリと見える…怖くない)

アカン薬使ってる人と同じようなコメントなんだよなぁ…。


カットされたと思った少年との約束がここで。


『一丁あがりっと』
あれ、八重子ちゃん原作よりかわいくない?

『クソッタレ、きたねー汁が襟の中まで…』

『…何見てんだ、スケベ』
だったら人前でさらすの自重してくださいよミッシェルさん…。

間髪いれず新手のGどもが襲来!!

『ミッシェルさん!!』
『バカ野郎ッ! お前の役目はあっちだ!』


(それでいい 燈…お前は良い部下だ…頼むぞ!!)
ここで切ると、ミッシェルさん諦めて死を受け入れたように見えるじゃないですかやだー!
テラフォーマーズ 第四話『WAR 全面戦争』

船の窓を破って侵入を試みようとするG!!

『この場で…捕える!!』


前方に現れたGは囮。もう一匹のGが窓をこじ開けて侵入してきた!
ってゆうかお前ら何呑気に座ってんねんw


『お前は89位…殴り合う必要はないがこれの使い方だけは覚えておくんだ』

『…捕獲!!』


Gゲットだぜ! しかし…。

シーラちゃーーーーん!!

『「バグズ手術」……何でだ…!!』
めっちゃ強そうだと思ってたのに、かませにもならなかったイスラムの傭兵さんのヤツですね。

『姉…ちゃん…』
『元はと言えばあんたが!』

『すまなかった…薬を節約したのはオレのミスだ』
ロシア人にも土下座という文化があるんですかね。

『あああああああああ!!!』

『あのさ、日本語、教えてくれないかな?』 
『まさか少しでも艦長に近付くために?』
『いじらしすぎるだろ、お前ちょっとぉ』


(艦長の目をまっすぐ見てこう言うんだぜ)

しかし、胸を貫かれたシーラはもう言葉を発することは出来なかった…。
『……伝わったよシーラ……すまない…』


(まさかバグズ手術を受けているとは…奪われたか、流されたな…)
『上等だよ。時代遅れの技術に頼っていやがれ』



『ついこの間まで砂漠だった星のムシケラがよ…!』
『125万種以上の生命の炎が燃え盛る…』
『「地球」を ナメんなよ!』



『Gの瞬発力は人間大にすると、
一歩目から時速300kmで走り出す事に相当する』


『この足の速さは、あらゆる生物の中で――』
『最速であ
!』
おいおい、ナレーションさん、ちょっとエンターテイナーすぎんよ~。


アシダカ軍曹ーーー!!

『あんたらがマルコスとアレックスね!』

(シーラ…あの時は…助けてくれてありがとう…)


『テメェら…ブッ殺す…!』



ひんぬー組の属するシーラちゃんに胸がある…だと…?
テラフォーマーズ 第三話『TO MARS 災いの星へ』


      ,.. : : .....、
     ,.:'::゙   :::::`,
    ;:,:.:   ...:.:::.:.:;     ブリオンさん、こんなところで何やってるんですか…。
    ';:::::.:......:::::::::;:;;;'
      、::;:;:;:;:::;:;:;;;;:'
.     `}~゙"{~´
 , ‐=_彡' ‐ -ニ=- 、
 (      三     )
  〉 人。____ニ _。_ノ 〈

なおエヴァちゃんの失禁も無事補完されたもよう。


自分ちの家の窓にこんなに大量にGが張り付いてたら失神する自身があるわ。

幹部クラスが侵入したGを片付け、乗組員は6グループに分かれて脱出!

なんだこの悟りを開いてそうな神々しいGはwww

とったどーwww

『やれやれ…こりゃあハズレ引いたかもな…』
テラフォの無双ゲーとか出たら、ジョセフさんが本多忠勝や呂布ポジションになるんでしょうかね。


腕吹っ飛んだだけで黒塗りするチキンスタッフwww
アカメが斬る!のセリューちゃんもそうだったけど、あっちはやたら生々しい上に再生出来ないからねぇ…。
ドラゴンボールではピッコロさんの腕吹っ飛んでも規制入らないんでしょ?


『ターゲット 捕獲』





タッチダウーーーン!!

あ、ありのまま(略)
テラフォがアニメ化されて見てたんだけど、アイシールド21だった。
何を言ってるのかよくわからねーと思うが(略)

『信頼できる仲間が揃い次第、アネックス1号を奪還する』

そういや原作10感出てるけど、まだアネックス一号奪還できてないんだよね…。
これは進撃の巨人のウォールマリア奪還を彷彿とさせる展開の遅さ。
テラフォーマーズ 第二話『DEPARTURE 出陣』

『エイリアンエンジンウィルス…それは42年前に突然現れ
そして20年前からその数を急激に増やしています。つまり…』


『艦長のせいじゃん♪』
小吉『』

『口を慎め、ロシアのジジイ』
『怒られちゃった。自分の娘と同じくらいの子に…オジサン大ショックー』

アシモフさん何でうれしそうなんですかね…。

そしてOPへ。

ここのロゴがGになるとこきしょくて好き。


なんかポジション的に小吉さんが主人公っぽい。

火星に到着するまであと39日…。

アホどもは艦内の散策へ。

『ねぇシーラちゃん、ひょっとして艦長の事、好き?(石直球)』

さっき艦内放送で独身アピールしてたけど、死んだ幼馴染みに操立ててるからその気はなさそうなんだよなぁ…。

『…シャ、シャワールーム見にいこ!!』

_人人人人人人人人人人人_
> 突然のシャワーシーン <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

『シーラさん…だったかしら? 告白なさい。女は恋をすべきよ、どんな時でもね』
そういやテラフォには深夜アニメ特有のレズ娘が居ない。まあこれが当たり前なんだけれど。



『…ああいう人がポジティブおっぱいなのかな…』
なおこのテラフォ二大おっぱいは


やきうのじかんだあああああああああああああ

背骨ブレードの人きたああああああ

そして喧嘩を止めようとして殴られる男。
『イワンっす!大丈夫っすよ自分いつもこんな感じなんで』

『誰にもできることじゃないよ』
(お、バス女か?)
まあ、こっちはマジで誰にでもできることではない。

『でもなイワン、シーラに恋するなら険しい戦いになるぜぇー?』
『何たって シーラの好きな人はあの艦長だからな!ははは…』



幼馴染みNTRとかアレックスとマルコス君は今まで何やってたんですかね…。
と思ったけど、アニメでは現在カットされてる三人の過去、再会したのはつい最近のことだった。


本田博士とか、ここんとこOVAか原作一巻みないとちんぷんかんぷんやろねぇ。


そして日は経ち、火星到着まで3時間。

『恐ろしいかエヴァ』

『大丈夫だ。99人の仲間がいる。お前ひとりの恐怖にも100人で対処する』
アドルフさんマジツンデレ。

そしてまだ艦内をうろついているアホ二人。中国人女性が入っているシャワー室を発見。
『しかし何でこういう匂いがするかね? 
シャンプーの匂いっていうよりはこう…雌の匂いだな』



『…っ…いや…あのこれはですね…』
覗こうとしてたら向こうからもガン見されてるという恐怖。しかしこのあとそれ以上の…。

円盤ではグロとエロ(B地区)が解禁されるという斬新な規制商法!!
『じょう…じ…』

『まだ火星着いてねぇだろうがよぉォォォォォ!』

マルコスを薬保管室に向かわせ、燈はミッシェルさんと目の前のテラフォーマーを食い止める。

『一匹だけでなかった場合マルコスが危険だ。お前が行って守れ』
Gを見たら百匹は居ると思え…。

なんか左側にスタッフロールでも入れたくなる黒さ。

『お前ら退がれ!』


背骨ブレード!!

もうスタッフロールここでいれとこうや…。

エヴァちゃんの失禁シーンがカットされてるだと…。

『万が一テラフォーマーとの接近戦になった場合はこの薬を使え』
『この薬は非常に体に負担をかけるが…
手術によって与えられたお前たちの能力を引き出すものだ』


まあ、ここで大量に薬潰されたんだけど、まだまだ予備はいっぱいあるから(震え声)



クスリ、ダメ、ゼッタイ。

G ぐう聖


『アネックス1号からワシントンへ…この計画は…失敗だ!!』
とりあえず火星にはジョセフさんと彼の面倒みる女の子おいて帰ればなんとかなるんちゃう?(適当)
テラフォーマーズ 第一話『SYMPTOM 変異』

地下で行われる謎の格闘試合。

『こんなこと、実際にやってんだな。漫画で100回は見たことある』
ミッシェルさん間違いなくバキ全巻揃えてますね…。


主人公・膝丸 燈は幼馴染みの難病を救うために、この地下格闘場に参加したのだ。


   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | クマクマ
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)f^f^f^f^f^f^f^f^f^┐
 |    |~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ │
 |    | ブライアンです│
 |  / |   よろし     |
 | /  |    クマー    |
 ∪   |___________|
        \_)

(なんだよ…これ…はじめっから優勝させる気なんてねーってことだ…クソったれ!)


これ、どうみても股間食ってるよね…。

見つかったんだ 移植のつてが。外国の病院だ』
(あの日から俺は…俺はお前の事がす…)
すだこーー!(by稲中)
(すごく大切なんだ 友達だから)

東京グールかな?

クマちゃんの顔面踏み潰してますが、何故規制が入る…。愛護団体を恐れているのか。

『もう一人いたのか…手術後に生まれた子供が…』

勝利したものの、お金は支払われず…。
『お、女は売った…』

『返せよ! いますぐ百合子を…!』

『死んだよ…。手を尽くしたが、おとといな』

『返せよ…返せよ…ッ!』

『燈くん、彼女と同じ病気の子を救いたくはないか?』
『キミの幼馴染の命を奪ったのは、ただの感染症などではない。
地球の外から飛来したウイルスだ』


『それを阻止するため我々は来る二年後、火星に飛ぶ』

そして燈は火星に行くための手術を受けた。

『ち○こに管が刺さってるだろう。刺したのは私だ』
原作では伏字だったのに、アニメでは一切なし!!
最近のアニメは女性声優さん(伊藤静さん)にチ○コ言わせなければならない決まりでもあるのか。


マルコス君、色が付くと青年悟飯の超サイヤ人に見えるわ…。

『お前らのうち、一人か二人が手術に失敗して死ぬわけだ』
アドルフさんのデレ部分カットされてるやん…。

エヴァちゃんのやたら強調されるおっぱい!!


『もう一人じゃないよ エヴァさん』
『エヴァでいい』


『それでは任務の内容を確認しておく』


『今まで無人機によるサンプル獲取は全て失敗してきた。
なぜなら、ある生物が必ず邪魔をしてくるからだ』
『これが火星の巨大G、テラフォーマーだ』


『これは種の存続をかけた人間とGの戦争』
『負けた方が、害虫だ…!』

ミッシェルさんイケメンすぎるやろ…。


そして手術を受け、成功した者たち100人が火星に飛び立つ!


『火星に移住するにあたって、
人類に先だちある二種類の生物が放たれた。一つは特別な藻類』
『そしてもう一つは強い繁殖力を持つありふれた昆虫』

『Gである』


2巻ほぼ丸ごとカットされたのに対して、最初の地下格闘場の尺がやたら長いと思った。引き伸ばすくらいならアドルフさんのデレ入れろよ…。
まあ、彼の最大の見せ場の時に描かれるのかもしれませんが。
ギャグシーンは大幅カットされてるのに、何故『ち○こ』とミッシェルさんの胸チラは残したのか、萌豚さんへの燃料投下ですねわかります。

東京グール第一話がスゴかったのと、期待値が高かったのとあわせるとちょっと肩透かしくらったような出来。
まあ、まだまだこれからっしょ。