???????
本日:
昨日:


3月18日 孤独を愛する人は~、悟り開く人~♪
●ラノベ読んだよ~。



やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
著:渡航/画:ぽんかん⑧ 出版:ガガガ文庫

「結論を言おう。」
「リア充爆発しろ。」

~あらすじ~
主人公・比企谷八幡(ひきがやはちまん)を一言で表すと捻くれ者。
友達を作らず、もちろん彼女も居なく、それでも孤独に負けずに、ネガティヴに、時にはポジティヴに生きる。
将来の夢は「働かないこと」。
そんな比企谷に業を煮やした担任が無理矢理ブチ込んだのは校内一の美少女と名高い、
雪ノ下雪乃(ゆきのしたゆきの)がただ一人所属する「奉仕部」。
美少女と狭い部室で二人きり、どうみてもラブコメ展開の始まりです、ほんとうにありがとうございました。
しかし二人のとても残念な性格がそんな甘ったるい展開を許さない。
ダメな人間たちが集まる青春ストーリー、----俺の青春どうしてこうなった!?

僕「も」友達が少ない。
そんなタイトルが浮かんできました。や、「はがない」は読んでないんですけどね。

序盤は以前読んだ「僕と彼女のゲーム戦争」「それがるうるの支配魔術」のような
主人公が美少女が部長を務める部活に入る、というところがそっくりだったので少々げんなりしてましたが、
作者さんの文章が非常に達者で、さまざまなところで笑わせて頂きました。
文章は主人公の一人称視点。文体のノリがギャルゲー(エロゲ)ばりにはっちゃけてますが、
青春真っ只中の連中、いわゆる「リア充」をぼっち視点から描く主人公の捻くれっぷりが
妙にポジティヴで清清しい。…ってあとがき見たら大体作者の青春時代の書き写しかよ!!
主人公に対する、過去の女生徒の言葉が非常に辛辣。あと女子だけでなく男子の友達関係も。
そら、ぼっちを愛するようになるわ。

作品のコンセプトは様々な青春模様ですかね。
誰からも相手にされず、ぼっちでも力強く前向きに生きる主人公、
完璧すぎるが故に孤高の存在のヒロイン。
「ぼっち」「孤高」は意味が全く違いますが(かっこよさも)、
その二つを対等のような関係で扱っているのが面白いです。

そんな彼らの周りに集まる元気娘(おっぱい担当)・由比ヶ浜 結衣(ゆいがはま ゆい)、
真性の中二病男(イロモノ担当)・材木座 義輝(ざいもくざ よしてる)、
そしてテニス部所属の男の娘属性(正統派美少女(笑)担当・戸塚 彩加(とつか さいか)。
それぞれにもまた違った青春があります。
文章にそれぞれの性格が良く表されてて、混同する事無くスラスラ読めました。

今のところ、ラブコメ要素はヒロインの雪乃ではなく、
サブヒロインの由比ヶ浜さんとほんの少しフラグ立てちゃってたりしますが、
恋愛の行方はどうなることやら。

少年ジャンプネタも多くて○。
アマゾンレビューでは「はがない」と比較して穿った見方している人が多いようですが、
わたしはこっちのほうを先に読んだので、非常に楽しめました。
モンハンとゴッドイーターみたいなもん?

★5、100点満点
やはり俺の青春ラブコメは
まちがっている。
著:渡航/画:ぽんかん⑧ 
出版:ガガガ文庫
ストーリー ★★★★
挿絵 ★★★★
文章 ★★★★★
キャラ ★★★★★
オリジナリティ ★★★★★
総合 95点